ストレイ・ドッグ|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ストレイ・ドッグ

ストレイ・ドッグ

2020年10月23日公開,121分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ニコール・キッドマンが酒浸りの中年刑事に扮し、激しい暴力シーンや銃撃戦に挑んだフィルムノワール。同僚や娘にも疎まれ孤独に生きるエリンのもとに、17年前に潜入捜査で取り逃がした犯罪組織のボスから挑戦状が届く。長年その罪悪感に苛まれてきた彼女は、過去に決着をつけるため犯人を追跡する。「キャプテン・アメリカ」シリーズのセバスチャン・スタンが、エリンとともに潜入捜査の任務に就くFBI捜査官を好演。

フォトギャラリー

ストレイ・ドッグ 画像1
ストレイ・ドッグ 画像2
ストレイ・ドッグ 画像3
ストレイ・ドッグ 画像4
ストレイ・ドッグ 画像5
ストレイ・ドッグ 画像6

予告編・関連動画

ストレイ・ドッグ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

LA市警の女性刑事エリン・ベルは、酒に溺れ、同僚や別れた夫、16才の娘からも疎まれる孤独な人生を送っている。彼女は17年前に犯罪組織への潜入捜査で取り返しのつかない過ちを犯し、捜査を失敗に追い込んだ罪悪感にいまも心を蝕まれていた。そんなある日、エリンのもとに紫色に染まった1枚のドル紙幣が入った差出人不明の封筒が届く。それは17年前から行方をくらましていた事件の主犯からの挑戦状だった。

作品データ

原題
DESTROYER
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
キノフィルムズ
上映時間
121分

[c]2018 30WEST Destroyer,LLC. [c]キネマ旬報社

  • 泉
    3.0
    2020/11/4

    これは、Nicole Kidmanの変貌ぶりが見どころの映画ですね。
    美しさを消し去って、ひたすらくたびれた無鉄砲さをさらしている。
    流石に凄いです。
    病んだ役は今までもやって来ているけど、ここまで美しさを消し去った役は珍しいんじゃないかな。

    自業自得とは言え、気の毒になってくる周囲からの扱い。
    自分で追いこんでいる感も有るけど、本当に全部失ったんだな‥と言う悲壮感が凄いです。
    娘役の子は凄く可愛い。パパ似な設定かな?

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • ミション
    ミション
    3.5
    2020/11/2

    ニコール・キッドマンのやさぐれ感が今までにないくらい振り切っていた。
    ストーリーとしてはひねりがある展開で面白かったが、時系列の入れ替えでテンポがスローに思えた

    違反報告
  • tom
    tom
    3.0
    2020/11/1

    お奇麗なお顔のニコール・キッドマンが
    何ということでしょう、ボロボロに荒んだ
    中年刑事に大変身。
    荒みまくって娘からは疎ましがられて、
    そりゃ娘がグレるのも仕方がないよね。
    ストーリーとしてはそれなりにハラハラもして
    よかったとは思うけど、結末への持っていき方が
    ちょっと「?」って感じになりました。
    まあこの作品はニコール・キッドマンの
    独り舞台のような作品なので
    その視点からすると、よく頑張ったんじゃないでしょうか。

    違反報告
  • ちゅに
    ちゅに
    2.0
    2020/10/29

    17年前に逃した犯人を再び逮捕すべく捜査を始める女性捜査官の活躍を描くが、単なるポリスストーリーで終わらないところが面白い。警察官を題材にした作品は多いが、大半の作品は警察官の腐敗を描いたもの。権力を与えられながらも安月給で働き、常に命の危険にさらされる。警察官が誘惑に駆られて悪事を働く土壌が現場にある。黒人が警察官に射殺される事件が後を経たないアメリカ社会で、頽廃した警察官の一端が伺える寂しい作品だ。

    違反報告