神在月のこども:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
神在月のこども
神在月のこども
3.2

神在月のこども

2021年10月8日公開、99分、アニメ/ファンタジー
307
110
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

“島国の根”と書く神話の地、島根・出雲を目指して駆ける少女の成長を描いた劇場オリジナルアニメ。全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議“神議り(かみはかり)”の云われを題材に、人々と神々、各地と出雲、そして“ご縁”という価値観が描かれる。主人公は走ることが大好きな12歳の少女カンナ。母の死をきっかけに走ることが嫌いになってしまった彼女だったが、在る月、一羽のうさぎと一人の少年に誘われ、まわりはじめた神々の歯車によって、出雲へ向けて走り出す。声の出演は、主人公カンナに蒔田彩珠、神使の兎に坂本真綾、鬼の少年に入野自由。日本各地で『神無月(かんなづき)』と呼ばれる10月が、出雲地方では『神在月(かみありづき)』と呼ばれる由縁である八百万(やおよろず)の神々の会合がファンタスティックに描かれるなど、新しくも懐かしいロードムービーが誕生した。

配信で観る

ストーリー

少女の名は、カンナ。母を亡くし、大好きだった”走ること”と向き合えなくなったこども。そんな少女が、在る月、絶望の淵に母の形見に触れたことで、歯車が廻りはじめる。現れたのは神の使いの、うさぎ。出雲までの旅にカンナを誘う。少女は問う、「本当に、お母さんに会えるの?」。白兎は答える、「ご縁が、あれば」。行く手を阻むのは、鬼の子孫、夜叉。行く先々で出あう大小様々な八百万の神々。神無月と書き、全国から神々が姿を消す月を神在月と呼び、神々を迎えてまつる神話の地、島根・出雲。島国の根と読む場所へ、自分を信じて駆ける少女のものがたり。

フォトギャラリー

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
2021年
製作国
日本
配給
イオンエンターテイメント
初公開日
2021年10月8日
上映時間
99分
製作会社
「神在月のこども」製作御縁会(GUM=クリティカ・ユニバーサル=イオンエンターテイメント=ABCアニメーション=メ~テレ=ソニー・ミュージックレーベルズ=奇譚クラブ=カルチュア・エンタテインメント=講談社=メディコス・エンタテインメント=神在月会社)(企画:クリティカ・ユニバーサル/制作:ライデンフィルム/統括:GUM)
ジャンル
アニメファンタジー

[c]2021 映画「神在月のこども」製作御縁会 [c]キネマ旬報社

こちらもおすすめ