祈りー幻に長崎を想う刻(とき)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

祈りー幻に長崎を想う刻(とき)

2021年8月20日公開,110分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

劇作家・演出家の田中千禾夫が1959年に発表した戯曲『マリアの首-幻に長崎を想う曲-』を初映画化。1945年8月9日、原爆が長崎市に投下され、多くの市民と共に東洋一の大聖堂といわれた浦上天主堂も被曝。12年後、天主堂跡からマリア像を盗む一味の姿があった。出演は「おみおくり」の高島礼子、「Daughters」の黒谷友香、「椿の庭」の田辺誠一。監督は「ある町の高い煙突」の松村克弥。2021年8月13日よりユナイテッド・シネマ長崎にて先行公開。

予告編・関連動画

祈りー幻に長崎を想う刻(とき)

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1945年8月9日11時2分、広島に次いで原爆が長崎市に投下され、人口24万人のうち約7万4千人が一瞬にして命を奪われた。東洋一の大聖堂とうたわれた浦上天主堂も被曝、外壁の一部を残して崩壊してしまう……。12年後の1957年。長崎にはまだ戦争の爪痕が色濃く残っていた。そんなある日、焼け落ちた浦上天主堂跡から、被曝したマリア像を人知れず運び出そうとする一味の姿があった。首謀者はカトリック信徒のふたりの女、鹿(高島礼子)と忍(黒谷友香)。彼女たちは、なぜマリア像を盗み出さねばならなかったのか……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
ラビットハウス=Kムーブ
上映時間
110分

[c]2021 Kムーブ/サクラプロジェクト [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ちゅに

    3.0
    1ヶ月前

    長崎への原爆投下により浦上天守堂が大破。信者の浦上天守堂の保存要請も虚しく、取り壊しが決定。キリスト教徒で看護師の主人公が大破した浦上天守堂に立像されていたマリア像を取り壊される前に運び出す事を決意し実行するヒューマンドラマ。幕府から明治政府にかけてキリシタンに加えられた迫害の実態。被曝した長崎市民への心ない差別や7万人とも言われる爆死した人々のおびただし黒焦げの遺体の数々など、原爆の持つ非人道的な残虐さがリアルに描かれていて恐ろしい。今年も76回目の終戦記念日を迎えた。原爆の残虐性を訴えるだけではなく戦争そのものの非人道性を世界に訴えていく事の重要性を改めて考えていきたい。

    違反報告