ヤクザと家族 The Family|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ヤクザと家族 The Family

ヤクザと家族 The Family

2021年1月29日公開,136分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • netflix
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『新聞記者』の藤井道人監督がオリジナル脚本を手がけ、ヤクザの生き様を3つの時代を通して描いた人間ドラマ。短気で暴力的だが一本気のある主人公のヤクザを綾野剛が、主人公と父子の契りを結ぶ組長を舘ひろしが演じて初共演を果たすほか、尾野真千子、北村有起哉、市原隼人、磯村勇斗らが出演する。常田大希(King Gnu)率いる音楽集団millennium paradeが、主題歌「FAMILIA」を提供。

映画『ヤクザと家族 The Family』公開記念スペシャルサイト

映画『ヤクザと家族 The Family』公開記念スペシャルサイト PR

綾野剛×舘ひろしと『新聞記者』の藤井道人監督が贈る本作を観た、熱狂を分かち合おう。感想を投稿すると、豪華プレゼントが当たるチャンス! インタビューやコラムもまとめ読みできます。

フォトギャラリー

ヤクザと家族 The Family 画像1
ヤクザと家族 The Family 画像2
ヤクザと家族 The Family 画像3
ヤクザと家族 The Family 画像4
ヤクザと家族 The Family 画像5
ヤクザと家族 The Family 画像6

予告編・関連動画

ヤクザと家族 The Family

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1999年、父を覚せい剤で亡くした山本賢治は、柴咲組組長の危機を救ったことでヤクザの世界へ足を踏み入れる。2005年、ヤクザとして男を上げた山本は、因縁の相手との激化する抗争や様々な出会いと別れのなかで、自分の家族を守るためにある決断をする。2019年、14年間の服役を終えて出所した山本が目にしたのは、暴力団対策法の影響で変わり果てた柴咲組の姿だった。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2021年
製作国
日本
配給
スターサンズ=KADOKAWA
上映時間
136分

[c] 2021『ヤクザと家族 The Family』製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

  • 鹿マン
    鹿マン
    5.0
    2021/9/10

    ヤクザ映画で泣くとは思わなかった…。

    違反報告
  • atsu
    atsu
    5.0
    2021/6/25

    ヤクザと家族、大好きなで大切な映画になりました。
    また映画館で観れたらしあわせです。
    切なく悲しかったけれど
    最高でした!!

    違反報告
  • たまこ
    たまこ
    2.7
    2021/6/6

    何年間もの役を演じてるのは、凄いと思った。

    違反報告
  • makoto
    makoto
    3.0
    2021/4/18

    最近は色々な任侠映画がありますが、家族を盛り込んだ内容は初めてかと思いました

    違反報告
  • YASU
    YASU
    3.0
    2021/4/9

    キャストほ、皆良かった。
    ヤクザの抗争が始まると結局は同じで残念。
    ストーリーが無い。
    舘ひろしさんの刑事役以外も良いね。

    違反報告
  • くま
    くま
    4.7
    2021/3/31

    今の時点で今年で1番の作品だと思う。

    違反報告
  • アヤノ
    アヤノ
    4.4
    2021/3/30

    演技も音楽も素晴らしかったです。
    3回観たけど、3回とも泣けました。
    ずっと胸が苦しいシーンが続きましたが、最後のシーンで何か胸の奥のものがストンと降りた気がしました。

    違反報告
  • くわぞう
    くわぞう
    5.0
    2021/3/19

    世間から排除されつつあるヤクザと呼ばれる人達にも家族があると言う事が苦しくなる。
    だからと言って彼らの行動を認めるのは。
    というふたつの感情でとても考えさせられる映画でした

    違反報告
  • くんくん
    くんくん
    4.0
    2021/3/12

    義理人情が熱い、仲間が描かれていました。とても良かったです。
    多少の血や暴力はあるけど、それが苦手な人も見て損はないと思います。
    良かったです。キャスティングもよかったです。
    兄貴、親分、弟分慕い慕われて、いい関係だと思いました。

    違反報告
  • nastika
    nastika
    4.4
    2021/3/2

    ヤクザ稼業の栄枯盛衰、変わりゆく時代に翻弄されながら生きた男の記録。めちゃくちゃ良かった!ドンパチでも任侠でもない新しいヤクザ映画、洗練された映像センスと素晴らしい役者陣による傑作。藤井監督、まだ30代半ばなのになんでこんな作品撮れるの。賞取れなかったら嘘。

    そもそも自分はヤクザ映画がなんとなく苦手で、こめかみにピストルを当てた北野武の印象しかないけど、それでもしっかり感動してしまった。ヤクザ映画にして人生、家族の映画。家族のために泣き、家族のために戦い、家族のために殺す。善人ではない主人公たち、決してヤクザを肯定しないのもまた良い。

    ヤクザたちの生きづらさを通して、現代社会の苦しさを描くのも、藤井監督の芯が見えたというか、やっぱり「新聞記者」から変わってないんだなーと。

    違反報告
  • ごごご
    ごごご
    5.0
    2021/3/1

    ワンカットも妥協する事無く 。 家族になった。 証。
    まさに藤井監督の言葉がザクザク刺さる作品だった。
    カメラワーク、色調、劇伴、構成、俳優陣の役を生き抜く姿等全てが圧倒的迫力で完全に支配された。familiaのリリックが映画の世界観を増幅させていて想像力を掻き立てられる。MVの高瀬舟(だと思う)に乗っているのが翼だと言うのも泣きポイントだった。

    違反報告
  • 元電気メーカー社員
    元電気メーカー社員
    3.0
    2021/2/28

    昭和の頃から、数限りなくあったろう悲劇だけれど、暴対法とネットの現代に時代設定することで、足を洗ってからの悲生を端折って描くことができる。組が立ち行かなくなる経緯も”暴対法”で済ませられる。
    そうした脚本の凡庸さを救ったのが出演者達の演技。誰も足を引っ張らない見事なチームワーク。とりわけ主人公役の綾野剛の、狂暴なチンピラから出所後までの変遷の表現は見事。岩松了の不気味な闇を匂わせる演技も見事

    違反報告
  • ちょろたん
    ちょろたん
    5.0
    2021/2/21

    私は現実世界ではヤクザとして生きることが
    正しいとは思いませんが、映画の中では、家族のために義理と人情のためにお金に変えられない生き方をしているのに時代の流れには逆らえず、そして生きていくにはお金が必要と言う矛盾の中でまっすぐ自分の信じるものを信じて守ろうとして生きるのは苦しいと思い心が痛くなりました。人として生まれてきたのだから愛を持って生きていこうと思い途中から涙が止まらなかったです。

    違反報告
  • むすかなようこ
    むすかなようこ
    1.0
    2021/2/16

    藤井監督の作品は概ね好きだけど、ヤクザ映画となるとその演出や構図の作り方が相性悪く感じた。

    賞レース向きの題材を選び新しい視点を与えるというのは、そのジャンルの映画を好きで見続けてる人間からするとハードルが上がるんだよね。新聞記者でも題材もキャストも良かったのに映画自体が「賞レースを獲りたい」というニオイに満ちてて引いたんだよな。構造の中の悲劇を消費してるだけの作品は単なる作り手のエゴだよ。

    違反報告
  • むらこ
    むらこ
    3.5
    2021/2/15

    綾野剛が3時代を演じ分けていた、切ない演技に涙が止まらなかった。

    違反報告