いのちの停車場のレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

いのちの停車場のレビュー・感想・ネタバレ・評価

2021年5月21日公開,119分

ユーザーレビュー

4.1
  • rikoriko2255

    HIROMI

    4.5
    1日前

    命について、改めて考えさせられました。最後、どんな決断をしたのか、いろいろな葛藤が想像できます。
    成島監督の作品は毎回楽しみに見ています。今回もよい作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    otsubo

    -
    8日前

    良い作品でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ゆうやけこやけ

    5.0
    14日前

    83歳。
    吉永小百合をはじめとする皆さんが、一生懸命に作った作品だと知って、見に行った。
    難しい視点を、テンポよくまとめている映画だった。
    この齢になって、一期一会の接し方を、初めて学んだような気がする作品だった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    4.0
    18日前

    金沢の診療所で在宅医として働く主人公を通して人間の生と死を見つめるヒューマンドラマ。在宅医でありながらもただ看取るだけではなく、最先端医療を追求しながら患者に寄り添う姿はとても感動的だ。主人公を支える看護士や助手のチームワークも素晴らしく、人の優しさと暖かさが伝わってくる、長く心に残る良い作品だった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    fu_wa

    4.0
    23日前

    よかった点
    松坂桃李さんと広瀬すずさんの自然体な演技がいい。あと子役の少女の演技がいい。あれほどの出演者をちょこちょこ名のある俳優かでて来たのは、吉永小百合さんの力かもしれないと思った。
    ただ多すぎて、小池栄子さん演じる芸者さんの描き方が雑に感じました。ラストの余韻の残し方は、ゾッとするのか?諦めるのか?よくわからなく。もうちょい余韻の残し方を丁寧にこだわってほしかった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ZB#55

    4.0
    27日前

    家族に対しての自分の在り方を考えるきっかけとなった一作。

    違反報告
  • rikoriko2255

    アッチコッチ

    4.0
    28日前

    大規模な病院から地元の診療所に移り、在宅医療に関わっていく物語。また地元に戻った事で否応なく自分の家族の終活にも関わっていく。患者に向き合う事は一番大事だが、自分の能力を発揮して、いかに周りの人に活かしてもらう事が精神的な豊かさに繋がる事を教えてくれた映画。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    としや

    4.7
    28日前

    自分は介護福祉士をしているので共感できる場面がたくさんありました。どう生きていくかを考えさせられた映画でした。この映画をみて、最後の時を迎えるのかを考えた映画になりました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    のんちゃん

    4.5
    29日前

    様々な形で登場する人々は、皆「死」と関わらざるを得ない状況にあり、懸命に命を繋ぎ、悩んでいました。いずれ誰の身にも訪れる死について思いを馳せる良い機会になりました。長かった命も、短かった命も平等なんだな、と思います。良い死を迎えるには今あるこの日々を大切に大切に生きることでしか得られるものではないのだなと思いました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    シリウス

    2.4
    1ヶ月前

    吉永小百合さんの演技はもちろん他の役者さんも素晴らしかった。
    広瀬すずさんの演技も良かった。
    ただ、設定に違和感がありなかなか入り込めなかった。
    吉永小百合は親子に見えなかったし、松坂桃李さんの設定も無理が有るように感じた。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ゲンヘイレン

    3.5
    1ヶ月前

    上映後・舞台挨拶全国同時中継付き上映会

    違反報告
  • rikoriko2255

    hunnwarigohann

    5.0
    1ヶ月前

    死について考えさせられる感動的な作品に仕上がっていました。経済力の差で治療方法を選択される差別的な病院の経営、自らの意思で死を選べない在宅治療、そして自分で最後の生き様までも決めることができない医療行為など、今の医療社会の矛盾を炙り出したヒューマンストーリーになっていました。医療システムの矛盾を追求する監督の意思が感じられたのは、私だけじゃなかったかもしれませんね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.6
    2ヶ月前

    救急医療現場から始まるこの映画、ちょっとおっとりな吉永さんにはむいてないような..........。
    かえって在宅医療になってからの方がらしい感じがした。
    本来地味目な映画はあまり好きじゃないけど、命がテーマだから…………….
    でも松坂桃李さんや広瀬すずさんや西田敏行さんがうまいこと助けて、ただただ地味~~~な映画になっておらず良かったです。
    そして在宅医療だからこそできる命の向き合いがとてもきれ

    違反報告
1/1

関連記事