いのちの停車場|MOVIE WALKER PRESS
MENU

いのちの停車場

2021年5月21日公開,119分
  • ムビチケ前売り券
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

現役医師であり作家としても活動する南杏子の同名小説を、『八日目の蝉』などの成島出監督が吉永小百合主演で映画化した人間ドラマ。在宅医療をテーマに、現代日本の長寿社会における医療制度の問題点や尊厳死、安楽死といったタブーに正面から向き合い、それらに携わる医師や患者、その家族の物語を紡ぐ。松坂桃李、広瀬すず、西田敏行、田中泯、石田ゆり子、小池栄子、泉谷しげるといった個性豊かな俳優陣が脇を固める。

すべての人の背中を押す、号泣のメッセージに迫る!『いのちの停車場』特集

PR

同名小説を原作に吉永小百合、松坂桃李、広瀬すず、⻄田敏行ら実力派の豪華キャストが共演する『いのちの停車場』(5月21日公開)。医療というテーマをベースに、家族や大切な存在に対して失いかけていた“なにか”を思い起こさせてくれる、号泣必至の本作。 すべての人たちの背中を押し、重なり合うメッセージを、様々な著名人からの絶賛の声や、ここでしか読めない座談会で解き明かす!

予告編・関連動画

いのちの停車場

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

第一線で活躍してきた救命救急医の白石咲和子は、長年勤めた大学病院から実家のある金沢へと戻り、在宅医療を通して患者をケアする「まほろば診療所」に勤めることになる。これまでの救命救急とは異なる命との向き合い方に戸惑う咲和子だったが、院長や看護師、咲和子を追って診療所へやってきた元大学病院職員など周囲のスタッフに支えられながら、在宅医療だからこそできる患者や家族との接し方を見いだしていく。

作品データ

映倫区分
G
製作国
日本
配給
東映
上映時間
119分

[c]2021「いのちの停車場」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

4.3
  • rikoriko2255

    hunnwarigohann

    5.0
    21日前

    死について考えさせられる感動的な作品に仕上がっていました。経済力の差で治療方法を選択される差別的な病院の経営、自らの意思で死を選べない在宅治療、そして自分で最後の生き様までも決めることができない医療行為など、今の医療社会の矛盾を炙り出したヒューマンストーリーになっていました。医療システムの矛盾を追求する監督の意思が感じられたのは、私だけじゃなかったかもしれませんね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.6
    25日前

    救急医療現場から始まるこの映画、ちょっとおっとりな吉永さんにはむいてないような..........。 かえって在宅医療になってからの方がらしい感じがした。 本来地味目な映画はあまり好きじゃないけど、命がテーマだから……………. でも松坂桃李さんや広瀬すずさんや西田敏行さんがうまいこと助けて、ただただ地味~~~な映画になっておらず良かったです。 そして在宅医療だからこそできる命の向き合いがとてもきれ

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告