キングダム2 遥かなる大地へ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
キングダム2 遥かなる大地へ
キングダム2 遥かなる大地へ
4.4

キングダム2 遥かなる大地へ

2022年7月15日公開、133分、アクション/ファンタジー/戦争/冒険・アドベンチャー
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

累計発行部数8700万部超の漫画『キングダム』を原作とする映画の続編。中国春秋戦国時代、えい政が玉座を奪還した秦に、隣国・魏が国境を越え侵攻を開始。信は歩兵として戦に向かう道中、同郷の尾兄弟と再会する。戦場では、秦軍は完全に後れを取っていた。監督は前作に引き続き、「いぬやしき」の佐藤信介。出演は、「夏への扉 キミのいる未来へ」の山崎賢人、「一度死んでみた」の吉沢亮、「かぐや様は告らせたい 天才たちの恋愛頭脳戦」シリーズの橋本環奈。

配信で観る

ストーリー

紀元前の春秋戦国時代、中華・西方の国・秦。戦災孤児として育った信(山崎賢人)は、王弟のクーデターにより玉座を追われた若き王・えい政(吉沢亮)と出会う。えい政は、天下の大将軍になると一緒に誓いながらも死別した幼馴染の漂と瓜二つだった。信は国王に協力し、河了貂(橋本環奈)や山の王・楊端和(長澤まさみ)とともに王宮内部に侵入する。信は敵を打ち破り、内乱を鎮圧すると、玉座を奪還する。半年後、隣国・魏が国境を越え侵攻を開始したと知らせが届く。秦国は国王・えい政の号令の下、魏討伐のため蛇甘平原に軍を起こす。信は歩兵として戦に向かい、その道中、同郷の尾平(岡山天音)と尾到(三浦貴大)と再会する。戦績のない信は、尾兄弟に加え、残りものの頼りない伍長・澤圭(濱津隆之)、子どものような風貌に哀しい目をした羌かい(清野菜名)と最弱の伍(五人組)を組むことに。魏で総大将を務めるのは、かつての秦の六大将軍に並ぶと噂される軍略に優れた戦の天才・呉慶将軍(小澤征悦)。一方、秦の総大将は、戦と酒に明け暮れる豪将・ひょう公将軍(豊川悦司)だった。信たちが戦場に着くと、有利な丘を魏軍に占拠され、すでに半数以上の歩兵が戦死した隊もあるなど、戦況は最悪だった。秦軍は完全に後れを取っていたが、信が配属された隊を指揮する縛虎申(渋川清彦)は、無謀な突撃命令を下すのだった……。

スタッフ

監督

佐藤信介

脚本

黒岩勉

脚本、原作

原泰久

キャラクターデザイン、特殊メイク、特殊造形デザイン統括

藤原カクセイ

製作

茨木政彦

製作

沢桂一

製作

松岡宏泰

製作

高津英泰

製作

田中祐介

製作、プロデューサー

松橋真三

製作

弓矢政法

製作

林誠

製作

名倉健司

製作

本間道幸

エグゼクティブプロデューサー

瓶子吉久

エグゼクティブプロデューサー

伊藤響

撮影

佐光朗

Bカメラ

田中悟

音楽

やまだ豊

美術

小澤秀高

編集

今井剛

衣装 甲冑デザイン

宮本まさ江

かつら

濱中尋吉

ヘアメイク

本田真理子

照明

加瀬弘行

録音

横野一氏工

装飾

青山宣隆

装飾

秋田谷宣博

サウンドデザイナー

松井謙典

VFXスーパーバイザー

小坂一順

VFXスーパーバイザー

神谷誠

アクション監督

下村勇二

助監督

李相國

制作担当

斉藤大和

制作担当

鍋島章浩

制作担当

堀岡健太

プロデューサー

森亮介

プロデューサー

北島直明

プロデューサー

高秀蘭

プロデューサー

里吉優也

ラインプロデューサー

毛利達也

ラインプロデューサー

濱崎林太郎

音楽プロデューサー

千田耕平

宣伝プロデューサー

小山田晶

キャスティング

緒方慶子

主題歌

Mr.Children

操演

関山和昭

ホースコーディネーター

辻井啓伺

ホースコーディネーター

江澤大樹

スクリプター

田口良子

スクリプター

吉野咲良

中国史監修

鶴間和幸

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

特集

IMAXスペシャルサイト「IMAXで観る映画は最高だ!」 PR

世界最高峰の没入型映画体験が出来る特別な空間、IMAXシアター。本特集では、映画を最高の環境で観るために作られたプレミアムシアターでこそ楽しみたい“IMAX推し”な作品を毎月アップデートします。

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
東宝=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
初公開日
2022年7月15日
上映時間
133分
製作会社
映画「キングダム」製作委員会(製作幹事:集英社=日本テレビ放送網/制作プロダクション:CREDEUS)
ジャンル
アクションファンタジー戦争冒険・アドベンチャー


[c]キネマ旬報社