プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵
プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵
3.6

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

2020年9月18日公開、106分、社会派/サスペンス・ミステリー
  • 上映館を探す
  • みたい
    42
  • みた
    24
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

南アフリカの白人でありながら、アパルトヘイトに抵抗して投獄されたティム-ジェンキンの自伝『脱獄』を映画化したポリティカルスリラー。1978年。最高警備を誇るプレトリア刑務所に投獄されたティムは、仲間のスティーブン・リーと共に脱走を決意する。出演は「スイス・アーミー・マン」のダニエル・ラドクリフ、『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』のダニエル・ウェバー。

配信で観る

ストーリー

1978年。南アフリカ人のティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)は、白人でありながらアパルトヘイトに反対し、ネルソン・マンデラ率いる“アフリカ民族会議”(=ANC)の隠密作戦に参加。同胞のスティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)と共に、テロリストとしてプレトリア刑務所に投獄される。最高警備を誇るプレトリア刑務所に収監後、ティムとスティーブンは、アパルトヘイトに対する抵抗のメッセージを送るため、脱走を決意。厳しい看守の目を掻い潜り、木片で鍵を製作、さらに綿密な観察を重ね、10の鉄製のドアを突破するための木製の鍵を駆使して、自由への道を歩み出すが……。

スタッフ

監督、脚本

フランシス・アナン

脚本

L.H.アダムス

脚本

カロル・グリフィス

原作

ティム・ジェンキン

製作

マーク・ブレイニー

製作

ジャッキー・シェパード

製作

デヴィッド・バロン

製作

ミシェル・クラム

製作

ゲイリー・ハミルトン

製作総指揮

アンドリュー・コトリアー

製作総指揮

エリザベス・ザボイスキー

製作総指揮

ブライアン・ベックマン

製作総指揮

ライアン・ハミルトン

製作総指揮

イン・イエ

製作総指揮

フィリップ・バーギン

製作総指揮

ミック・サウスワース

製作総指揮

マーティン・マッケイブ

製作総指揮

アンドリュー・フィリップス

製作総指揮

トッド・フェルマン

製作総指揮

マイク・オーレ

製作総指揮

ブライス・メンジーズ

製作総指揮

ロジャー・サヴェージ

撮影

ジェフリー・ホール

音楽

デヴィッド・ハーシュフェルダー

美術

スコット・バード

編集

ニック・フェントン

衣裳デザイン

マリオット・カー

メイクアップ

フィオナ・リース=ジョーンズ

音響効果

クリス・グッデス

ラインプロデューサー

ジュリー・バーン

キャスティングディレクター

ナン・ローランズ

キャスティングディレクター

モーラ・フェイ

キャスティング

アン・フェイ

キャスティング

ルー・ミッチェル

予告編・関連動画

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

予告編

2020/7/15(水)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Escape from Pretoria
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
イギリス=オーストラリア
配給
アット エンタテインメント
初公開日
2020年9月18日
上映時間
106分
製作会社
Footprint Films=Beagle Pug Films
ジャンル
社会派サスペンス・ミステリー

[c]2019 ESCAPE FP HOLDINGS PTY LTD, ESCAPE FROM PRETORIA LIMITED AND MEP CAPITAL, LP
[c]キネマ旬報社