十二単衣を着た悪魔:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
十二単衣を着た悪魔
十二単衣を着た悪魔

十二単衣を着た悪魔

2020年11月6日公開、112分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

女優の黒木瞳がメガホンをとり、内館牧子の長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」を映画化。「源氏物語」の世界にタイムスリップした現代の青年が、そこでの様々な出会いを経て成長していく姿を描く。「今日から俺は!!」シリーズや『弱虫ペダル』などの伊藤健太郎が主演を務め、『ダンスウィズミー』の三吉彩花が主人公を翻弄する弘徽殿女御に扮する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

就職活動がうまくいかず彼女にもフラれ、家にも居場所がないフリーターの伊藤雷。ある日、バイト帰りに不思議な光に吸い込まれた雷は、平安時代=紫式部によって書かれた「源氏物語」の世界にタイムスリップしてしまう。不審者と見なされ牢に閉じ込められるなど、はじめは思いも寄らぬことばかりでパニックに陥るも、現代から持参した頭痛薬が弘徽殿女御に効いたことで、後宮で陰陽師として重用されることになる。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
日本
配給
キノフィルムズ
上映時間
112分
製作会社
「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー(制作:キノフィルムズ)

[c]2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6 /16件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?