すばらしき世界|MOVIE WALKER PRESS
MENU

すばらしき世界

2021年2月11日公開,126分

直木賞作家の佐木隆三が実在の人物をモデルに執筆した小説「身分帳」を原案に、『永い言い訳』の西川美和監督が舞台を約35年後の現代に置き換えて映画化。役所広司が人生の大半を刑務所で過ごした殺人犯に扮し、刑期を終えて出所した彼の再出発の日々を綴る。殺人犯が更生していく様子をテレビ番組にしようと画策するディレクターを仲野太賀が、プロデューサーを長澤まさみが演じるほか、橋爪功、安田成美らが名を連ねる。

東京でのロケ撮影の裏側に迫る!「東京ロケーションボックス」特集

PR

映画やドラマのロケ撮影を支える組織「東京ロケーションボックス」について、 実際に支援した作品や撮影時の裏話、ロケ地の情報などをご紹介!

西川美和監督×役所広司渾身の一作が問うメッセージとは?『すばらしき世界』特集

PR

出所した元殺人犯の人生の再出発の物語を描く『すばらしき世界』。西川監督・役所広司が本作に秘めた思いを明かした単独インタビューや、多角的な切り口から作品テーマを読み解き、本作を“いま観るべき理由”を徹底して深堀りします。

予告編・関連動画

すばらしき世界

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

13年の刑期を終えて下町の片隅で暮らす元殺人犯の三上のもとに、テレビマンの津乃田と吉澤が現れる。一度は社会のレールを外れたが再生したいと悪戦苦闘する三上の姿を、彼らはおもしろおかしくテレビ番組にしようともくろんでいたのだった。そのまっすぐすぎる性格がゆえに三上はトラブルばかり引き起こすが、いつしかそんな三上との交流が津乃田と吉澤をはじめとする周囲の人々に影響を与えていく。

作品データ

映倫区分
G
製作国
日本
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
126分

[c]佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

映画レビュー

2.9
  • カール

    4
    5日前

    2222222222222222222222222222222222222222222222222222

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • すた

    4
    14日前

    役所広司の素晴らしさ。題名の皮肉。最後がハッピーエンド(と私は思います)なのがよい。あのまままた刑務所に入ったり組に入ったりしていたら、何を言いたいのかわからない映画になっていました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • 元電気メーカー社員

    2
    16日前

    ドキュメンタリーの真似事をこれみよがしにフィクションでやった挙句、説教臭さだけになった駄作。
    言いたい事は分かるけれど、そんな視点なら古今東西に山ほど既存作品がある。
    役所広司に、”濃い”ばかりの演技をさせたがために心理描写が希薄となりリアリティーも希薄。
    役所広司の存在感に甘えすぎ。
    「夢売るふたり」で見せてくれた、あの人間の性への鋭い切込みはどこへ行ったのか? 同じ監督とは思えない。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告