いとみち|MOVIE WALKER PRESS
MENU

いとみち

2021年6月25日公開,116分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

越谷オサムの同名小説を「俳優 亀岡拓次」の横浜聡子が映画化した青春ドラマ。青森県弘前の高校に通ういとは津軽三味線が特技だが、強い津軽弁訛りと人見知りのせいで、本当の自分は誰にも見せられずにいた。そんな彼女がメイドカフェでアルバイトを始める。出演は、「朝が来る」の駒井蓮、「ミッドウェイ」の豊川悦司。

予告編・関連動画

いとみち

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

青森県弘前の高校に通う相馬いと(駒井蓮)。三味線を弾くときに指にできる糸道が名前の由来である彼女は、祖母や今は亡き母から引き継いだ津軽三味線を特技としているが、強い津軽弁訛りと人見知りのせいで、本当の自分は誰にも見せられず、友人もいない。そこで思い切って始めたアルバイトはメイドカフェだった。そこで、少し怪しげな店長、シングルマザーの幸子、漫画家を目指す智美ら先輩メイド、そして、風変わりな常連客たちと出会う。父・耕一(豊川悦司)は、メイドカフェで働くいとを心配しつつ見守ってくれる。いとは本当の自分を解放し、自分らしく、色鮮やかな人生を織りなすことができるのか……。

作品データ

映倫区分
G
配給
アークエンタテインメント
上映時間
116分

[c]2021『いとみち』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1
  • rikoriko2255

    雲丹

    4.0
    17日前

    西川さんの発音が本物で、青森さスッとトリップした。あの家の造りもザ青森で、東京に居ながら里帰り満喫したじゃ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    たるたるご

    4.0
    1ヶ月前

    心が洗われる、とても素敵な作品でした。
    津軽三味線の力強い音色、多少意味が分からなくても心温まる方言、豊かな田舎の風景、そして役者さん達の優しい想いのこもった演技。とても清々しい時間を過ごせました。越谷オサムさんの原作も是非読んでみたい。

    違反報告