夢を与える|MOVIE WALKER PRESS
MENU

夢を与える

2020年9月25日公開,209分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を「のぼうの城」の犬童一心の監督で映像化した2015年のWOWOW連続ドラマを劇場上映。幹子は幼い娘・夕子をオーディションに参加させ、夕子は芸能界入り。数年後、夕子は大手事務所に移籍し幹子の念願通りブレイクするが……。美しく健やかに育った夕子を小松菜奈が、彼女に過剰な思い入れを持つ母親・幹子を菊地凛子が演じ、スキャンダラスな人間ドラマを紡いだ。劇場では全4話をA(1~2話)、B(3~4話)に分けて上映

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

13年前、フランス人の父親・トーマ(ド・ランクザン望)、日本人の母親・幹子(菊地凛子)、そして2人の娘である美しい少女・夕子(谷花音)の阿部一家は、郊外の自然に囲まれた街に引っ越してきた。幹子は幼い夕子をCMオーディションに参加させることに。夕子は広告代理店のクリエイティブディレクター・村野(オダギリジョー)に見いだされ、芸能界入り。数年後、夕子(小松菜奈)は大手芸能事務所に移籍し、母親の念願通りついにブレイクを果たす。雑誌の表紙を飾り、バラエティー番組やテレビドラマに出演。急速に人気が高まる中、夕子は世間に向けて作り出されたイメージと自分自身とのギャップに強い違和感を抱くようになっていった。そんな最中、夕子は世間に媚びずに生きるダンサー・正晃(新田真剣佑)と出会い、恋にのめり込み……。

作品データ

製作年
2015年
製作国
日本
配給
WOWOW
上映時間
209分

[c]2015 WOWOW INC. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?