名刺ゲーム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

名刺ゲーム

2020年10月2日公開,209分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

放送作家・鈴木おさむの小説を基に、2017年に放映されたWOWOWのドラマを劇場上映。TVプロデューサーの神田が目覚めると、首輪をはめられ密室に閉じ込められていた。そして謎の男Xが現れ、自分がもらった名刺を持ち主に正しく返す名刺ゲームを仕掛けてくる。「仮面病棟」の木村ひさしと『アラサーちゃん 無修正』など数々のドラマを手がけてきた瀧悠輔の両監督が、エンタメ業界の裏側に焦点を当てた同名サスペンス小説を映像化。敏腕プロデューサーの神田達也役を「決算! 忠臣蔵」の堤真一が、名刺ゲームを操る謎の男Xを「家族のはなし」の岡田将生が演じる。全4話を、1~2話と3~4話に分け上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある地下のボイラー室。人気クイズ番組『ミステリースパイ』のプロデューサー・神田達也(堤真一)が目覚めると、密室に閉じ込められており、謎の首輪がはめられていた。床には大量の名刺が散乱。室内には同じく首輪をはめられた娘・美奈(大友花恋)の姿もあった。そして突如神田の前に謎の男X(岡田将生)が現れ、名刺ゲームを仕掛けてくる。そのルールは、自分がもらった名刺を持ち主に正しく返し、もし間違えたら自分か娘の首が爆破されるというものだった。神田は娘を救うためにタイムリミット2時間の名刺ゲームに挑むが、そこにはある秘密が隠されていた

作品データ

製作年
2017年
製作国
日本
配給
WOWOW
上映時間
209分

[c]2017 WOWOW /C&I エンタテインメント [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?