DUNE/デューン 砂の惑星:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
DUNE/デューン 砂の惑星

DUNE/デューン 砂の惑星

2021年10月15日公開,155分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

砂に覆われた惑星“デューン”を舞台に、宇宙の未来を託された青年の運命を描くSFアドベンチャー。SF作家、フランク・ハーバートのベストセラー小説を原作に、『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴが監督と脚本を務め映画化した。主人公をティモシー・シャラメが演じるほか、ゼンデイヤ、ジェイソン・モモア、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、オスカー・アイザック、レベッカ・ファーガソンらが共演する。

第94回アカデミー賞特集

第94回アカデミー賞特集

日本時間3月28日(現地時間3月27日)に実施される第94回アカデミー賞の授賞式に向け、MOVIE WALKER PRESSがお届けする「アカデミー賞特集」。 ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントやアカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

予告編・関連動画

DUNE/デューン 砂の惑星

予告編

2021/8/27(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

10190年、銀河系が分裂し、人類は地球以外の惑星に移住し宇宙帝国を築いていた。1つの惑星を1つの大領家が治める厳格な身分制度が敷かれており、皇帝の命で砂漠の惑星アラキス(通称:デューン)を治めることになったレト・アトレイデス公爵は、妻や息子ポールを連れデューンに乗り込む。アトレイデス家はデューンで唯一生産されるという、抗老化作用を持つ香料で富を得るはずだったが、陰謀により彼らの運命は思わぬ方へ進み始める。

作品データ

原題
DUNE
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
155分
製作会社
Legendary Pictures

[c]2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /168件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?