モンブランの女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

モンブランの女

2020年10月公開,80分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

うかみ綾乃の官能小説『モンブランを買う男』を基にしたピンク映画「悶撫乱の女 ~ふしだらに濡れて~」を再編集したR15+版。店で不定期にモンブランを買っていく男が気になる玲子は、暴行を受けているところを助けたことから彼と一緒に暮らし始めるが……。監督は、劇団lovepunkの主宰で、「濡れた愛情 ふしだらに暖めて」でピンク映画ベストテン2019桃熊賞に輝いた髙原秀和。「銃」の脚本に参加した宍戸英紀が、髙原監督と共に脚本を手がける。舞台を多数踏みピンク映画に5年ぶりの出演となった奥田咲が訳ありの女性を演じる。特集『OP PICTURES+フェス2020』にて上映。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

暗い過去を抱え片田舎の小さな町に流れ着いた玲子(奥田咲)は、勤め先のコンビニエンスストアによく来る近くの町工場の従業員の一人で、不定期にモンブランを買っていく男(那波隆史)が気になっていた。密かに彼のことをモンブランさんと呼び好意を持っていたところ、ある日モンブランさんが仕事仲間に暴行を受けているところに出くわし、衝動的に彼を助けた。そしてそれをきっかけに玲子は彼と一緒に暮らし始めるが、彼には人には言えない過去があり……。

作品データ

映倫区分
R15+
製作年
2020年
製作国
日本
配給
OP PICTURES
上映時間
80分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?