ホムンクルス:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ホムンクルス

ホムンクルス

2021年4月2日公開、115分、サスペンス・ミステリー
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

山本英夫原作の同名コミックを実写映画化。記憶も感情も失くしたホームレスの名越の前に医学生・伊藤が現れ、第六感が芽生えるという頭蓋骨に穴を開ける手術を受けることに。手術を受けた名越が右目を瞑って左目で見ると、人間が異様な形に見えるようになる。出演は、「ヤクザと家族 The Family」の綾野剛、「カツベン!」の成田凌、「空に住む」の岸井ゆきの、「記憶の技法」の石井杏奈、「海難1890」の内野聖陽。監督は、「呪怨」シリーズの清水崇。

予告編・関連動画

ホムンクルス

特報

2020/12/21(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一流ホテルとホームレスが溢れる公園の狭間で車上生活を送る、記憶も感情も失くした名越進(綾野剛)。彼の前にある日突然、医学生・伊藤学(成田凌)が現れる。伊藤は名越に、期限7日間、報酬70万円を条件に、第六感が芽生えるという頭蓋骨に穴を開けるトレパネーション手術を受けるよう持ち掛ける。名越は手術後、右目を瞑って左目で見ると、人間が異様な形に見えるようになる。伊藤はその現象を、「他人の深層心理が視覚化されて見えている」と言う。そして彼は、その異形をホムンクルスと名付ける。名越が見たものは真実なのか、それとも脳が作り出した虚像の世界なのか? そしてその先に待っている結末とは……?

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2021年
製作国
日本
配給
エイベックス・ピクチャーズ
上映時間
115分
製作会社
エイベックス・ピクチャーズ(制作プロダクション:ブースタープロジェクト)
ジャンル
サスペンス・ミステリー

[c]2021 山本英夫・小学館/エイベックス・ピクチャーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7 /59件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?