映画 太陽の子|MOVIE WALKER PRESS
MENU

映画 太陽の子

2021年8月6日公開,111分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

歴史的事実に基づき、日本の原爆開発を背景にした青春群像劇。2020年放送のドラマ版に異なる視点と結末を加えた劇場版。軍から密命を受け原子核爆弾の研究開発を進める修、幼馴染の世津、戦地から一時帰宅した修の弟・裕之は久しぶりの再会を喜ぶが……。出演は、「ターコイズの空の下で」の柳楽優弥、「花束みたいな恋をした」の有村架純、「天外者」の三浦春馬。監督・脚本は、ドラマ『青天を衝け』の黒崎博。音楽は、「愛を読むひと」のニコ・ミューリー。サウンドデザインは、「アリー/スター誕生」のマット・ヴォウレス。

フォトギャラリー

映画 太陽の子 画像1
映画 太陽の子 画像2
映画 太陽の子 画像3
映画 太陽の子 画像4
映画 太陽の子 画像5
映画 太陽の子 画像6

予告編・関連動画

映画 太陽の子

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1945年、夏。戦況は悪化し、最終局面を迎えていた。京都帝国大学・物理学研究室で研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、軍から密命を受け、原子核爆弾の研究開発を進めていた。研究に没頭する日々が続くなか、建物疎開で家を失った幼馴染の朝倉世津(有村架純)が修の家に住むことになる。同じころ、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰宅し、3人は久しぶりの再会を喜ぶ。しかし、修と世津は、裕之が戦地で負った深い心の傷を垣間見る。また、修は物理学研究の楽しさに魅了されていたが、その裏側にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。そんな2人を力強く包み込む世津は、戦争が終わった後の世界を考え始めていた。それぞれの想いを受け止め、修と研究チームは自分たちの未来のためと開発を急いでいたが、運命の8月6日を迎える。日本中が絶望に打ちひしがれるなか、それでも前を向く修が見出した希望とは……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
イオンエンターテイメント
上映時間
111分

[c]ELEVEN ARTS Studios / 2021「太陽の子」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    つくし

    5.0
    2021/9/2

    一生懸命生きる若者達とそれを取り巻く大人達それぞれの感情の揺れに感動しました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    たばすこ

    4.0
    2021/8/27

    太平洋戦争の裏にいた研究者たち、家族の物語。重いテーマだが心揺さぶるストーリーに切なくなりました。
    これは三浦春馬さんに捧げる映画ですね。泣きます。

    違反報告
  • rikoriko2255

    unapai7

    2.0
    2021/8/17

    主旨は理解出来るけど開発意欲が伝わってこないしホントにって思って思ってしまう

    違反報告
  • rikoriko2255

    ユイユイ

    5.0
    2021/8/12

    手段が目的となり、別の論理で暴走す恐ろしさ。
    核反応のように拡大する人間の欲望。
    俳優の演技はとても素晴らしい。
    柳楽優弥は修にしか見えず、有村架純も、芯のある女性を演じてぴったりで、この映画の救い。
    三浦春馬の裕之の印象もひときわ鮮やかで、戦争の酷さを対比させている。
    登場シーンからの清々しさ。
    その時々の表情の深さに引き込まれ、胸を突かれる。
    最後の海辺のシーンは科学よりも人間というメッセージ

    違反報告
  • rikoriko2255

    シュークリーム

    5.0
    2021/8/10

    ドラマ版はNHKで観ましたが、映画化されてより鮮明に戦争をまじかに感じてしまいました。主役は柳楽優弥くん、石村修の役を演じ、弟の裕之の役を三浦春馬くんが演じ、幼なじみの朝倉世津役は、有村架純さんが演じています。修は、原子核爆弾の研究開発をしています。私がこの映画で三浦春馬くんが演じた弟の裕之が印象的でした。春馬くんのファンだからではなく、戦地に行って配置転換で一時帰宅した彼の心情が出ていて、死にたくないのに戦場に行き、国の為に命をあずけて戦うことが怖くてたまらない気持ちです。悩んで海で死を考えてしまう裕之の気持ちはあの時代の若者には辛い選択だったことが響きました。私は戦争を知らない。ちょうど広島原爆記念日の6日にこの映画を観るなんて、戦争は二度としてはいけないと改めて思いました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Taisei

    4.0
    2021/8/6

    科学研究の行く先に、地獄が待っているとしても、それでも進まなければならないとき、ひとりの科学者として、どんな責任の取り方があるのか、考えさせられます。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちょこみ

    4.6
    2021/7/16

    戦争の真実を映画を観ながら学びました。
    歴史を学んでいる感覚で観ていたのですが、最後の海のシーンで衝撃を受けました。
    昔話ではなく、遠いところで起きていた出来事ではなく、自分の日常に近いところで起きていたことのように感じました。心に何かがぶつかった様な感覚になり、一気に現実味が増し、涙がこぼれました。
    大切な人と笑い合える日常を失いたく無い、大切にしたいと心から思いました。
    二度と同じ過ちを繰り返してはいけない。
    他者を愛する大切さを忘れてはいけない。
    一日、一日を前向きに喜んで過ごしたい。
    『太陽の子』を観れて良かったです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    とし

    3.0
    2021/7/16

    2021年7月15日
    映画 #太陽の子 (2021年)鑑賞

    #三浦春馬 が出演していたので、いつ撮ったの?と思っていたら、2020年にNHKで放映されたドラマの映画板なんですね。
    日本において、原爆の開発を行っていた京都大学の研究室を題材にしたお話
    原爆投下後の8/10の広島を調査するなど学者はクレイジーだな!

    違反報告
  • rikoriko2255

    nagagutu_happy7

    3.5
    2021/7/11

    それぞれの立場で戦時中の複雑な思いを抱えた人達の苦悩が十分に現れている。
    科学者として原子爆弾の製造に力を注ぐ若者。怖さを抱えながらもお国のためにと戦争に出向く若者。それを見守る人達。

    違反報告
  • rikoriko2255

    fucco

    2.4
    2021/6/14