映画 太陽の子:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
映画 太陽の子

映画 太陽の子

2021年8月6日公開、111分、戦争/青春
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

歴史的事実に基づき、日本の原爆開発を背景にした青春群像劇。2020年放送のドラマ版に異なる視点と結末を加えた劇場版。軍から密命を受け原子核爆弾の研究開発を進める修、幼馴染の世津、戦地から一時帰宅した修の弟・裕之は久しぶりの再会を喜ぶが……。出演は、「ターコイズの空の下で」の柳楽優弥、「花束みたいな恋をした」の有村架純、「天外者」の三浦春馬。監督・脚本は、ドラマ『青天を衝け』の黒崎博。音楽は、「愛を読むひと」のニコ・ミューリー。サウンドデザインは、「アリー/スター誕生」のマット・ヴォウレス。

予告編・関連動画

映画 太陽の子

予告編

2021/6/10(木)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1945年、夏。戦況は悪化し、最終局面を迎えていた。京都帝国大学・物理学研究室で研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、軍から密命を受け、原子核爆弾の研究開発を進めていた。研究に没頭する日々が続くなか、建物疎開で家を失った幼馴染の朝倉世津(有村架純)が修の家に住むことになる。同じころ、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰宅し、3人は久しぶりの再会を喜ぶ。しかし、修と世津は、裕之が戦地で負った深い心の傷を垣間見る。また、修は物理学研究の楽しさに魅了されていたが、その裏側にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。そんな2人を力強く包み込む世津は、戦争が終わった後の世界を考え始めていた。それぞれの想いを受け止め、修と研究チームは自分たちの未来のためと開発を急いでいたが、運命の8月6日を迎える。日本中が絶望に打ちひしがれるなか、それでも前を向く修が見出した希望とは……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
イオンエンターテイメント
上映時間
111分
製作会社
「太陽の子」フィルムパートナーズ(Presented by ELEVEN ARTS STUDIOS=NHK/制作:KOMODO PRODUCTIONS)
ジャンル
戦争青春

[c]ELEVEN ARTS Studios / 2021「太陽の子」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0 /55件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?