フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』
フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊

2022年1月28日公開、108分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督の長編10作目。雑誌「フレンチ・ディスパッチ」の編集部を取り巻く物語を描く。『ワンダー 君は太陽』のオーウェン・ウィルソン、『スノーピアサー』のティルダ・スウィントン、ビル・マーレイらが出演。さらに、回想されるストーリーには、ベニチオ・デル・トロ、レア・セドゥ、ティモシー・シャラメ、シアーシャ・ローナンらも登場する。

MOVIE WALKER STUDIO SERIES サーチライト・ピクチャーズ

MOVIE WALKER STUDIO SERIES サーチライト・ピクチャーズ

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

20世紀フランス。ある街で発行されている「フレンチ・ディスパッチ」誌の編集部では、クセのある才能あふれる記者たちが活躍し、国際問題にアート、ファッションから美食など深く斬り込んだ記事で人気を獲得していた。しかし、編集長が仕事中に突然亡くなってしまい、彼の遺言に則って「フレンチ・ディスパッチ」の廃刊が決定してしまう。追悼号となる最終号には、予想外の笑いと涙がちりばめられていた。

作品データ

原題
THE FRENCH DISPATCH OF THE LIBERTY, KANSAS EVENING SUN
製作年
2021年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト・ディズニー・ジャパン
上映時間
108分
製作会社
American Empirical Pictures

[c]2021 20th Century Studios. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9 /75件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?