Mank/マンク:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
Mank/マンク
Mank/マンク

Mank/マンク

2020年11月20日公開、131分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

映画史に輝く、不朽の名作「市民ケーン」誕生の舞台裏を描くNetflixオリジナル映画。後に「市民ケーン」の脚本で、アカデミー賞脚本賞を受賞する、主人公のアルコール依存症の脚本家ハーマン・J・マンキーウィッツをオスカー俳優ゲイリー・オールドマンが演じ、デビッド・フィンチャーが監督した。2020年12月4日からのNetflixでの独占配信に先駆けて、2020年11月20日から、劇場限定公開。

世界中が注目する映画の祭典についての情報満載

日本時間4月26日(現地時間4月25日)に実施される第93回アカデミー賞の授賞式に向け、MOVIE WALKER PRESSがお届けする「アカデミー賞特集」 ノミネート作品リストはもちろん、今年の注目ポイントやアカデミー賞関連のニュースやコラムをたっぷりお届け!

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1930年代のハリウッド。アルコール依存症の脚本家ハーマン・J・マンキウィッツは、オーソン・ウェルズが、監督、主演する「市民ケーン」の脚本の仕上げを急いでいた。

作品データ

原題
Mank
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
アメリカ
上映時間
131分
製作会社
Netflix

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2 /12件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?