ドライブ・マイ・カー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ドライブ・マイ・カー

2021年8月20日公開,179分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

村上春樹が2013年に発表した短篇小説に、カンヌ・ヴェネチア・ベルリンをはじめ国際映画祭で高い評価を得た濱口竜介が挑む意欲作。舞台俳優の主人公・家福(かふく)に西島秀俊、ヒロインのみさき役に三浦透子を迎え、愛と喪失、希望の物語が紡がれる。濱口竜介は東京藝術大学大学院映像研究科で黒沢清に師事し、修了制作作品「PASSION」が2008年・第56回サンセバスチャン国際映画祭で注目を浴びた。その後、「ハッピーアワー」が2015年・第68回ロカルノ国際映画祭最優秀女優賞を受賞。2018年の商業映画デビュー作「寝ても覚めても」はカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品。さらに2020年、脚本を担当した黒沢清監督「スパイの妻<劇場版>」がヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)に輝く。また、公開を控える監督作「偶然と想像」は2021年・第71回ベルリン国際映画祭銀獅子賞(審査員グランプリ)を受賞するなど、いま世界中から注目を集めている逸材だ。今回、濱口竜介と初タッグを組む西島秀俊は、2005年に市川準が監督した「トニ―滝谷」でナレーションを担当し、村上春樹作品を経験済み。濱口の師匠筋にあたる黒沢清監督の「ニンゲン合格」(98)や「クリーピー 偽りの隣人」(16)で主演を務めたこのベテラン俳優を濱口がいかに演出するのか期待が高まる。一方、ヒロインの三浦透子は「ロマンスドール」「おらおらでひとりいぐも」の演技に加えて、「天気の子」の主題歌を歌ったことで人気急上昇中の女優・アーティスト。本作では、主人公の愛車を運転する、寡黙でありながら芯のあるドライバーみさきを演じている。さらに、物語を大きく動かすキーパーソンの俳優・高槻役には、Arc アーク」など公開作が目白押しの岡田将生、秘密を抱えたままこの世を去る家福の妻・音役を、村上春樹の長篇の映画化「ノルウェイの森」の霧島れいかが演じている。

予告編・関連動画

ドライブ・マイ・カー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

舞台俳優・演出家の家福悠介は、脚本家の妻・音と満ち足りた日々を送っていた。しかし、妻がある秘密を残したまま突然この世を去ってしまう。2年後、演劇祭で演出を任されることになった家福は愛車のサーブで広島へと向かう。そこで出会ったのは、寡黙な専属ドライバーみさきだった。喪失感を抱えたまま生きる家福は、みさきと過ごすうちに、それまで目を背けていたあることに気づかされていく。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2021年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド
上映時間
179分

[c]2021『ドライブ・マイ・カー』製作委員会 [c]キネマ旬報社

関連記事

  • rikoriko2255

    アカデミポコ

    4.7
    10日前

    『本当にひとを愛するとは?』

    深く考えさせられます。

    淡々と進む物語の中で、登場人物達が発する言葉が心に突き刺さりました。

    長い映画でしたが、その長さが、丁寧に紡がれた時間を感じさせて、印象に残りました。

    ふたりの傷が、お互いの出会いによって、少しでも癒されたなら・・・
    私もうれしいと思いました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    あおい

    4.7
    11日前

    俳優同士の間で何かが生まれている。その瞬間に立ち会える至福の3時間。素晴らしかった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    スモーク

    -
    20日前

    俳優が皆良かった、特に岡田将生が車の中で語る長いシーンは鳥肌ものだった。
    三浦透子のドライバーとして前を向いたきりの表情の変化も心に残り久し振りに映画らしい映画を見た。ただ無駄に長い。メリハリを付けたらもう少し締まったと思う。

    違反報告
  • rikoriko2255

    おってぃ

    4.3
    26日前

    激しい感動や衝撃を与えないで、身体に入り込んでくる作品。現実と舞台劇が交錯しあいながら、問いかけやその答えが行き来する展開に目が話せなかった。静の音の使い方がすばらしい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    飛ばない鳥

    3.2
    1ヶ月前

    主人公は、自分は懊悩をかかえた人間なのだという自己満足を糧に、これからの人生を生きていくということなのでしょうか。主人公は自らが抱えた問題に能動的に立ち向かうことのない人間として描かれているように思われます。
    多くの人は実人生において、濃密な人間関係の中でそれぞれに懊悩を抱えて、自らの力で何とかその解決を模索しながら生きているのではないでしょうか。

    違反報告
  • rikoriko2255

    としや

    5.0
    1ヶ月前

    演劇の大変さなどわかってよかったです。心の葛藤が画かれていて、かなりよかったです。3時間でしたが時間を感じませんでした。いい映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    きぬやん

    4.6
    1ヶ月前

    原作も読んでなく、演劇も詳しくはないが
    3時間の長編に引き込まれた。
    カンヌで脚本賞受賞に納得の秀作だった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Hiroyasu Iwata

    3.5
    1ヶ月前

    村上春樹 原作「ドライブ・マイ・カー」を見る。
    シナリオは良い。画像作りも良い。役者の演技も申し分ない。
    だが、撮影したフィルムが勿体ないから使ったら時間が長くなっちゃったって・・。
    ムダに長いんだよ。バカヤロー
    クライマックスで尻が痛くて感動も何もあったものじゃない。
    演出も悪くなかったのに、かわいそうな作品だ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    かわさきかえる

    4.7
    1ヶ月前

    上映時間3時間だが、飽きずに最後までみることができる。原作を未読であるが、小説をきちんと映像化するとこのぐらいの長さになるのかと納得した。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    3.5
    1ヶ月前

    舞台俳優である主人公が、妻の死後広島に赴き演劇の舞台演出を行うも、生前の妻の不貞に悩み続ける中、演劇事務所が用意した専属女性ドライバーと会話を交わす中で自身の内面と向き合うヒューマンドラマ。チェーホフの「ワーニャ伯父さん」の舞台演出に合わせて主人公の内面を映しながら物語がパラレルに描かれてていく所が詩的でとてもユニーク。主人公が自分自身が傷つく事を恐れて亡き妻の問題に正面から向き合って来なかった後悔と妻への郷愁が、専属ドライバーの抱える過去の苦悩と重なり合う事で浮き彫りになる所は見もの。どんなに後悔しても過去は戻って来ない。「苦悩を抱えながら生き続けていくしかない」というチェーホフのセリフでラストを飾るところが印象的だった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    konotobo

    4.0
    1ヶ月前

    緊張感のある画づくりで時間を長く感じさせない

    全編、西島さんの魅力が炸裂!
    観たらきっと当てもなくドライブに行きたくなる

    違反報告
  • rikoriko2255

    たるたるご

    5.0
    1ヶ月前

    このセンスと、雰囲気の良さは何だろう。
    冒頭直ぐに観客全員が画面に集中する様が分かるくらい、吸い込まれていった。
    久しぶりに味わう感覚だった。3時間の大作だが、集中力が切れることなく、主人公たちに寄り添いながら心静かに観れた。

    違反報告