おもいで写眞|MOVIE WALKER PRESS
MENU

おもいで写眞

2021年1月29日公開,110分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「パンとバスと2度目のハツコイ」の深川麻衣主演のヒューマンドラマ。祖母の死をきっかけに東京から故郷に戻った結子は、幼なじみで役所に勤める一郎の誘いで遺影の撮影の仕事を始める。最初は縁起が悪いと敬遠される結子だったが、一人の老人と出会い……。監督・脚本・原作は、「ユリゴコロ」の熊澤尚人。出演は、「アンダー・ユア・ベッド」の高良健吾、「うさぎドロップ」の香里奈、「朝が来る」の井浦新、「マチネの終わりに」の古谷一行、「家族はつらいよ」シリーズの吉行和子。

予告編・関連動画

おもいで写眞

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京でメイクアップアーティストを志す音更結子(深川麻衣)は、メイクの仕事をしながら美容部員として働いている。しかし、嘘が嫌いで頑固な性格が災いし、仕事をクビになってしまう。さらに、大切な祖母が亡くなったという知らせが届く。幼いころ、母に捨てられた自分を育ててくれた祖母を、ひとり寂しく死なせてしまった後悔に苛まれた結子は、故郷へ戻る。ある日、幼なじみで役所に勤める星野一郎(高良健吾)が、老人向けに遺影の撮影の仕事をしてみないかと結子に声をかける。写真館を営んでいた祖母の遺影がピンボケだったことを悔やんでいた結子は、その誘いを受ける。最初は、縁起が悪いと敬遠され、老人たちになかなか受け入れてもらえない。だが、一人暮らしの老人・山岸和子(吉行和子)と出会ったことをきっかけに、遺影ではなく、それぞれの思い出溢れる場所で撮影する“おもいで写真”を撮り始める。老人たちと触れ合いながら、次第に赦しの意味を知った結子は、人生の意味を見出していく……。

作品データ

映倫区分
G
製作国
日本
配給
イオンエンターテイメント
上映時間
110分

[c]「おもいで写眞」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • rikoriko2255

    のんこ

    4.5
    2ヶ月前

    私もこんな思い出写真を撮って遺影にしたいと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告