熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「海賊」in Cinema|MOVIE WALKER PRESS
MENU

熊川哲也 Kバレエ カンパニー 「海賊」in Cinema

2021年1月22日公開,106分
  • 上映館を探す

2020年10月にBunkamuraオーチャードホールで上演されたKバレエカンパニーの公演を収録。演出・再振付の熊川哲也による独自の解釈のもと、スリルと感動のドラマが繰り広げられていく。美しきヒロイン・メドーラの奪還劇の果てに衝撃の結末が。舞台美術・衣装デザインは、イギリスの美術家ヨランダ・ソナベンド。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

古典の人気作の一つに数えられながら、全幕上演の機会は限られていた埋もれた名作に、2007年、熊川哲也がそれまで誰も想像し得なかった鮮烈な命を与えた本作。七つの海を渡る海賊たちの略奪の日々と、海賊船の難破の活写に胸高鳴るプロローグに始まり、個性豊かな登場人物たちが躍動する、スリルと感動のドラマが繰り広げられていく。そして、美しきヒロイン・メドーラの奪還劇の果てに、独創的なクライマックスが待ち受ける。この作品の象徴“アリ”がもたらす、Kバレエカンパニーでしか見ることのできない衝撃の結末とは……?

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
上映時間
106分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?