レンブラントは誰の手に|MOVIE WALKER PRESS
MENU

レンブラントは誰の手に

2021年2月26日公開,101分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

巨匠画家レンブラントを巡る人々の情熱を捉えたドキュメンタリー。レンブラントの絵画を所有する家に生まれた若き画商が彼の新たな作品を発見するが、思いもよらぬ横やりが入る。一方、レンブラントの2点の絵画が売りに出され、国の要人まで乗り出す事態に。監督・脚本は、「みんなのアムステルダム国立美術館へ」のウケ・ホーヘンダイク。

予告編・関連動画

レンブラントは誰の手に

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

若き画商ヤン・シックスは、レンブラントが描いた『ヤン・シックスの肖像』を所有する貴族の家系に生まれ、モデルとなった当主から代々その絵を大事にしてきた 11 代目ヤン・シックスである。ある日、ロンドンの競売クリスティーズに出されていた『若い紳士の肖像』に目を奪われた彼は、これはレンブラントが描いたものだと本能的に感じ、安値で落札する。本物であれば、44年ぶりに巨匠レンブラント知られざる新たな作品が発見されることとなり、専門家や美術史家らもアートを愛するがゆえにヒートアップしていく。だが、思いもよらぬ横やりが入る。一方、フランスの富豪ロスチャイルド家が何世代にも渡って所有してきたレンブラントの2点の絵画『マールテンとオープイェ』が、1億6000万ユーロ(約200億円)で売りに出される。滅多に市場に出回らない見事な作品を獲得するために、世界で最も入場者数の多いルーヴル美術館と、レンブラントの作品を多数収蔵するアムステルダム国立美術館が動き出す。そのうち、絵の価値も分からない国の要人まで乗り出す事態となり……。

作品データ

原題
My Rembrandt
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
オランダ
配給
アンプラグド
上映時間
101分

[c]2019DiscoursFilm [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • rikoriko2255

    たるたるご

    4.0
    1ヶ月前

    1アートコレクターとして、共感できる言葉もあり(作品の金額が何桁も違いますが)、またお国が絡んだアート争奪戦⁈など、個人的には非常に興味深い作品でした。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告