青葉家のテーブル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

青葉家のテーブル

2021年6月18日公開,104分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ECサイト「北欧、暮らしの道具店」で配信されている短編ドラマを長編映画化。ドラマ「半沢直樹」の西田尚美が主演を務めるほか、『滑走路』の寄川歌太、『本気のしるし<劇場版>』の忍成修吾、久保陽香が短編版から続投する。新たに市川実和子、栗林藍希らが加わり、青春の延長にある大人たちの切実な暮らしを描く。ドラマ版に引き続き、松本壮史監督がメガホンをとる。

予告編・関連動画

青葉家のテーブル

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

シングルマザーの春子と息子のリク、そして春子の飲み友達めいこ、その彼氏で小説家のソラオという一風変わった4人で共同生活をする青葉家。夏のある日、春子の旧友の娘である国枝優子が、美術予備校の夏期講習に通うため青葉家へ居候しにやって来た。実は、優子の母である国枝知世はちょっとした“有名人”。20年来の友人である春子と知世だが、2人の間には気まずい過去があった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
エレファントハウス
上映時間
104分

[c]2021 Kurashicom inc. [c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • rikoriko2255

    ましぐらに。

    5.0
    2日前

    もうこの先可能性しかない子どもたち2人を見守る立場としては、持っておきたい気持ち。そんなことに気づかせられる、あるいは気づいているけど改めて思い知らされる映画。
    あったかくて、甘酸っぱくて、親の目線ではあぁなんか分かるなぁってこともあり、心満たされました。
    音楽も家具も小物も料理も全部ステキ。

    違反報告