マイ・ダディ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
マイ・ダディ

マイ・ダディ

2021年9月23日公開,116分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

映像作家の金井純一が2016年の映像クリエイター支援プログラム「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM」 の準グランプリを受賞した作品を自ら映画化。今年45歳を迎えるムロツヨシが、満を持して映画初主演をつとめ、愛する娘を救おうと奔走するお人好しで誠実な父親を演じる。幼い頃に母を亡くし、父とふたりで仲睦まじく暮らす最中、突然の病気を宣告される中学生の娘役には期待の新星・中田乃愛(なかだのあ)。第8回「東宝シンデレラ」オーディションのファイナリストであり、2019年公開の映画「WE ARE LITTLE ZOMBIES」にて女優デビューした中田は、今作が映画出演2作目となる。多感な思春期ゆえに、父親の小言にうんざりしたり、微妙な距離を感じる一方で、やはり父や母のことをずっと愛している少女を演じている。ムロツヨシの父親は、はにかんだり、微笑んだり、悩んだり、怒りをぶつけたり、殴られたり、涙を流したりと、とにかく多様な表情・表現を見せる。25年間の役者人生で抱えてきた全てを出し切る、俳優ムロツヨシの新たな魅力に注目だ。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

マイ・ダディ

予告編

2021/8/6(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

小さな教会の牧師・御堂一男は、中学生になる一人娘のひかりとふたり暮らし。一男は、優しくて、面白くて、お人好しで、誠実な人。8年前に最愛の妻を亡くしてから、“苦労がない”と言ったら嘘になるし、“すごく裕福”とも言えないけれど、娘とふたりで穏やかな日々を送っている。“牧師”というみんなから慕われる仕事もあって(儲からないけど……)、自分を頼りにしてくれる職場もあるし(バイトだけど……)、そして何より、可愛い娘が素直な子に育ってくれている(今はちょっぴり難しい年頃だけど……)。だから一男は、幸せだった。娘が病に侵されるまでは……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
イオンエンターテイメント
上映時間
116分
製作会社
製作:「マイ・ダディ」製作委員会(カルチュア・エンタテインメント=イオンエンターテイメント=ベンチャーバンクエンターテインメント=毎日新聞社=ローソンエンタテインメント=ROBOT)(製作幹事:カルチュア・エンタテインメント/制作プロダクション:ROBOT)

[c]2021「マイ・ダディ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1 /33件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?