愛と闇の物語|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛と闇の物語

2021年2月19日公開,98分

イスラエルの作家アモス・モズの自伝的著書を「ブラックスワン」のN・ポートマンが監督・脚本・主演を務め映画化。1945年、英国統治下のエルサレム。アモスと両親は迫害から逃れるため移住したが、戦争の恐怖と退屈な日々は母ファニアの心に影を落とす。出演は、「運命は踊る」のヨナタン・シライ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

幼いころを振り返るアモス・オズ(ヨナタン・シライ)。1945年、英国統治下にあったエルサレムで、幼少期のアモス(アミール・テスラー)は父アリー(ギラッド・カハナ)と母ファニア(ナタリー・ポートマン)と共に暮らしていた。彼らはその時代の多くのユダヤ人と同様に、迫害から逃れるためにヨーロッパから移住してきたのだ。希望の光を求めて彷徨ってきた一家だったが、戦争の恐怖と、そのあとに訪れた日々の暮らしの退屈さは、ファニアの心に暗い影を落としていた。結婚生活への不満を抱え、息苦しく鬱積を募らせる日常のなか、彼女は持ち前の想像力を働かせて、砂漠をまたぐ冒険物語を創作してはアモスに聞かせるのだった。母親から物語を聞かされること、詩を詠んでもらうこと、言葉や言語を教えてもらったことは、のちのアモスの人生に大きな影響を与えることになる……。

作品データ

原題
A TALE OF LOVE AND DARKNESS
映倫区分
G
製作年
2015年
製作国
イスラエル=アメリカ
配給
イオンエンターテイメント
上映時間
98分

[c]2015 Picture Perfect Corporation. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?