5月の花嫁学校|MOVIE WALKER PRESS
MENU

5月の花嫁学校

2021年5月28日公開,109分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「イングリッシュ・ペイシェント」のジュリエット・ビノシュ主演のコメディ。1967年、フランス・アルザス地方にある花嫁学校の校長ポーレットは、経営者である夫の死をきっかけに学校が破産寸前であることを知る。そんななか、パリで5月革命が勃発する。出演は、「セラフィーヌの庭」のヨランド・モロー、「カミーユ、恋はふたたび」のノエミ・ルヴォウスキー。監督・脚本は、「ルージュの手紙」のマルタン・プロヴォ。

予告編・関連動画

5月の花嫁学校

本編映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1967年、フランス。美しい街並みと葡萄畑で有名なアルザス地方にあるヴァン・デル・ベック家政学校では、“完璧な主婦”を育成するため、今年も18人の少女たちが入学する。ある日、経営者である夫の突然の死をきっかけに、校長のポーレット(ジュリエット・ビノシュ)は学校が破産寸前であることを知る。なんとか窮地から抜け出そうと奔走していると、パリで5月革命が勃発する。抗議運動がフランス全土に広がっていくのを目の当たりにし、これまでの自分たちの考えに疑問を抱き始めたポーレットや生徒たちは、ある行動に出ることを決意する。はたして、新生ヴァン・デル・ベック家政学校の運命は……。

作品データ

原題
La bonne epouse
映倫区分
PG12
製作年
2020年
製作国
フランス
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
109分

[c]2020 - LES FILMS DU KIOSQUE - FRANCE 3 CINEMA - ORANGE STUDIO – UMEDIA [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ちゅに

    2.5
    2021/6/6

    女性の権利が制限されていた1968年のフランスで、良妻賢母を育てる花嫁学校を舞台に女性が権利に目覚めるまでを描く。夫に従順だった主人公が、夫の死をきっかけに夫から解放され、自由を謳歌するようになる事で女性の権利に目覚めていくプロセスが面白い。もう少しストーリーにも深みがあればなおよかった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    skuraata2018

    3.7
    2021/5/30

    <女性の解放をテーマにしつつも、好き嫌いが分かれそうな演出>

    オンライン試写会にて先行して鑑賞。
    この映画、特にラストに向けた展開は好き嫌いがすごく分かれそう。
    私は好きだった;) 

    あらすじを読んだだけで、物語の大筋は予想できるなーと思いながら観たら、
    ラストの衝撃的演出。思わず笑みがこぼれてしまった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とし

    3.0
    2021/5/16

    2021年5月16日
    『5月の花嫁学校』(2020年)鑑賞
    @試写会 #coco さん

    1968年のフランス #5月危機 当時の変革の波が押し寄せてきているアルザス地方の田舎町の家政学校が舞台

    出演者がみな活き活きと演じられていて、主演の #ジュリエット・ビノシュ はもちろんのこと、生徒役の皆さんもとても素敵です

    前半に主要生徒の悩みを伏線として撒いていたのに、その回収が少し雑かなと感じました。
    もっと生徒に寄り添った作品にした方が良かったと思います。

    ラストは、フランス映画にしては珍しく能天気だったので、少し驚かされました。

    違反報告