愛について語るときにイケダの語ること|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛について語るときにイケダの語ること

2021年6月25日公開,58分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

四肢軟骨無形成症と呼ばれる障碍をおった青年、池田英彦の初主演・初監督にして遺作となった性と愛をめぐるドキュメンタリー。スキルス性胃癌ステージ4の宣告を受けた池田は生きているうちにセックスをたくさんしたいと考え、カメラを回し始めた……。イケダの身長は100センチ。「僕の本当の姿を映画にして、見せつけてやる」と考えたイケダは、20年来の親友であり、脚本家・真野勝成を巻き込み、虚実入り乱れた映画の撮影を始める。エンディングは初めからイケダの死と決まっていた。「僕が死んだら必ず映画館で上映してほしい」と言い残して、イケダは2年間の闘病後に逝去する。あとにはイケダが「作品」と呼んだ不特定多数の女性とのセックスを記録した60時間を超す映像が遺された。「相棒」「デスノート Light up the NEW world」などの脚本を手掛ける真野勝成がイケダの遺志を引き継ぎ、プロデューサーとなって映画を完成へと導く。「ナイトクルージング」「マイノリティとセックスに関する、極私的恋愛映画」などの監督作がある佐々木誠が編集を務めた。

予告編・関連動画

愛について語るときにイケダの語ること

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

生来、四肢軟骨無形成症(通称コビト症)という障害を持っていたイケダが、スキルス性胃癌ステージ4の宣告を受けた。彼は生きている限りセックスを楽しみ、自分の性愛をカメラに記録しようとする。2年間の闘病の末に亡くなったイケダが最後に遺したかったものは何なのか。

作品データ

製作年
2020年
製作国
日本
配給
ブライトホース・フィルム
上映時間
58分

[c]2021 愛について語る時にイケダが語ること [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?