MINAMATAーミナマター|MOVIE WALKER PRESS
MENU

MINAMATAーミナマター

2021年9月23日公開,115分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

世界的写真家ユージン・スミスが遺した写真集を原案に、ジョニー・デップが製作・主演を兼任し映画化。1971年、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれたユージンは、冷静にシャッターを切り続けるが……。共演は「モータルコンバット」の真田広之、「ミッドウェイ」の國村隼。音楽を「ラストエンペラー」の坂本龍一が担当する。

予告編・関連動画

MINAMATAーミナマター

インタビュー映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1971年、ニューヨーク。アメリカを代表するフォトジャーナリスト、ユージン・スミス(ジョニー・デップ)は、現在は酒に溺れ荒んだ生活を送る日々。ある日、アイリーンと名乗る女性から、熊本県水俣市にあるチッソ工場が海に流す有害物質によって苦しむ人々を撮影してほしいと頼まれる。水銀に冒され歩くことも話すことも出来ない子供たち、激化する抗議運動、それを力で押さえつける工場側……。そんな光景に驚きながらも、ユージンは冷静にシャッターを切り続ける。しかし、ある事がきっかけで彼自身も危険な反撃に遭ってしまう。追い詰められたユージンは、水俣病と共に生きる人々にある提案をし、彼自身の人生と世界を変える写真を撮ることに成功する……。

作品データ

原題
MINAMATA
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
アメリカ
配給
ロングライド=アルバトロス・フィルム
上映時間
115分

[c]2020 MINAMATA FILM, LLC [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    dwpcs477

    4.5
    3日前

    環境、公害問題は今では少なくなりましたが、この作品を見て、タリバンや北朝鮮、銃社会にこそ世界が動いて解決すべき問題ではと思うキッカケとなりました。ジョニー・デップと真田広之さん他、日本の名優が魅せる作品は最高だと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    3.5
    9日前

    1971年、チッソ社の排出した水銀により住民が水俣病を発病。水俣の惨状を世界に伝えたアメリカの写真家ユージン・スミスの活躍を描く。住民の抗議に企業は責任も認めず、スミスへの嫌がらせも発生。被害住民と支援者たちの厳しい戦いがリアルに再現される。水俣病はタイム誌の報道で世界中に認知されるものの、被害住民への補償は十分でなく、現在も苦しみを抱えて生きている。エンドロールでは、東日本大震災の原発事故やベトナム、タイでのサリドマイド被害、アメリカの水道水汚染による健康被害など、世界で起きている健康被害が映像で紹介されている。公害は決して過去の話ではなく、現在進行形の問題である事を改めて訴えている。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Hiroyasu Iwata

    4.5
    13日前

    ハリウッドが片手間でドキュメンタリーを作ったと思っていたが、本気だった。
    本格的な人間ドラマが真摯に作製されていた。米国の俳優もピカイチ、日本の俳優もピカイチだった。
    感傷的な描写は極力排除され、真実のみを伝えた見応えのある作品だった。秀作だ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    5.0
    14日前

    私の世代ではリアルタイムで話題になっていた公害事件。チッソが公害病が発生しているのを承知で事実を隠蔽し、有毒物質を垂れ流していたというトンでもない事件。ロケ地が日本ではないので、背景に映っている家屋がどう見ても日本の家ではないというツッコミをしたくなるのをさておいて、ジャーナリストとはどうあるべきか?という事はしっかりと伝わってくる。
    ジョニー・デップの主演映画の中でベストと言える。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    としや

    5.0
    16日前

    水俣病のその時の現状しっかり描かれていてよかったです。裏表観れた映画で、水俣病に深く知った映画となりました。海外映画ですが、すばらしい映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    mushroom_prince0622

    5.0
    16日前

    子どもの頃、あの川で獲った魚を食べたらダメだよ、水俣病になるよ。と大人たちに言われていたけど、大人になるまで実際の病気の人には会った事がなく、身近だけど遠い存在だった人たちに就職してから本当にいたんだなーと。
    見た目が判るような方は少なくなってきているけれども、まだまだ未認定の方は多く、この映画をきっかけに少しでも認定され治療と補償が受けられる人が増えればと思います。
    教科書で見た写真を撮った人がこの人なんだ!って映画を見ながら思いました。ジョニデの演じるユージンはとてもチャーミングな人だった。お留守番のシーンの彼にとても愛を感じました。そして仕事に対する情熱はとても素晴らしいと思いました。坂本教授のピアノもそれは素晴らしかった!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    Kalamazoo

    5.0
    21日前

    ”公害の原点”と呼ばれる水俣病をテーマに
    フォトジャーナリスト『ユージン・スミス』が命を削りながら伝えたかった事とは?

    ある重要なシーンで流れるボブ・ディランの曲と美しすぎるシーンに感動しました

    事実を元に作成されてますが当然脚色はあります。

    エンディングロールで流れる”問題定義”を次の世代へのバトンにして欲しい

    魂が震える名作

    違反報告
  • rikoriko2255

    アッチコッチ

    5.0
    21日前

    日本の過去の出来事だけど、未だに病に苦しむ人々がいる。現実を理解せずに、見過ごさない様に一人一人のアクションが大事。決して風化してはいけない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    かにこ

    4.0
    22日前

    何度も胸が締め付けられた。水俣病だけではなく、公害被害、環境汚染への意識が高まった。
    テーマが重く、細部へ関心を持つ余裕がなかったが、目立ちすぎない音楽も素晴らしい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ぼうし

    5.0
    22日前

    まだ終わっていない、現在進行形の公害を扱う映画として、とても深く良い映画だと感じた。
    ちょっとずつ事実と違うところがあっても、それに違和感は感じなかった。ただ、チッソ側からの意見はもちろんあるだろう。
    ただ、この日本で起きた公害をジャーナリストのユージンの視点で創るところに大きな意味を感じた。

    これが正しい、あれが悪だ、ではない
    人間の弱さと、強さと、優しさと、卑劣さを水俣の美しい風景が包む、人間のドラマだった。

    この映画を機に、たくさんの方が身近にある、身近で起きている汚染に少しでも目を向けてもらいたい。

    違反報告