ONODA 一万夜を越えて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ONODA 一万夜を越えて

2021年10月8日公開,174分

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

太平洋戦争後、約30年目に生還した小野田旧陸軍少尉をめぐる実話を基に「汚れたダイヤモンド」のアルチュール・アラリ監督が映画化。任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島で、孤独と対峙しながら生き続けた日本人の壮絶な日々を映し出す。出演は「空母いぶき」の遠藤雄弥、「HOKUSAI」の津田寛治、「すばらしき世界」の仲野太賀。

フォトギャラリー

ONODA 一万夜を越えて 画像1
ONODA 一万夜を越えて 画像2
ONODA 一万夜を越えて 画像3
ONODA 一万夜を越えて 画像4
ONODA 一万夜を越えて 画像5
ONODA 一万夜を越えて 画像6

予告編・関連動画

ONODA 一万夜を越えて

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1944年、フィリピン・ルバング島。陸軍中野学校二俣分校で秘密戦の特殊訓練を受けていた小野田寛郎(遠藤雄弥)は、劣勢のなか、援軍部隊が戻るまでゲリラ戦を指揮するようにと命ぜられる。「君たちには、死ぬ権利はない」出発前、教官から言い渡された最重要任務は、何が起きても必ず生き延びることであり、玉砕は決して許されなかった。ところが、ルバング島のジャングルの中では、食料もままならず、仲間たちは飢えや病気で次々と倒れていく。それでも、小野田は生きるために、あらゆる手段で飢えと戦い、雨風を凌ぎ、必ず援軍が来ると信じて仲間を鼓舞し続けるのだった……。

作品データ

原題
ONODA
製作年
2021年
製作国
フランス=ドイツ=ベルギー=イタリア=日本
配給
エレファントハウス
上映時間
174分

[c]bathysphere ‐ To Be Continued ‐ Ascent film ‐ Chipangu ‐ Frakas Productions ‐ Pandora Film Produktion ‐ Arte France Cinema [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    飛ばない鳥

    4.0
    1ヶ月前

    観ておくべき映画。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コロン300

    4.5
    1ヶ月前

    実話を元にした作品。楽しみを込めて鑑賞してきました。実際はどうだったかわかりませんが細かい描写を如何なく観られたと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    3.0
    1ヶ月前

    日本の敗戦を知らず、1974年に日本へ帰還するまでフィリピンのルバング島で戦争を続けていた小野田寬郎少尉の実話。陸軍中野学校で秘密教育を徹底的に叩き込まれ、天皇に絶対的な忠誠を誓わされた人間の悲劇が見事なまでに良く描かれている。若い時に受けた教育は一生涯体から離れず、人間性をも破壊するほどの力を持つ。教育を通して国民をコントロールしようとした国家の残忍さが恐ろしほど伝わってくる。大東亜共栄圏を確立するためにアジアを侵略し、世界を相手に戦った第二次世界大戦は果たしてどれだけの意味があったのか。小野田氏の費やした1万日はもう二度と戻って来ない。終戦から76年。軍国主義が引き起こした暗黒の時代を再び繰り返さないためにも小野田氏の半生を振り返る事の意義は大きい。

    違反報告