レリック ー遺物ー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

レリック ー遺物ー

2021年8月13日公開,89分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

日系オーストラリア人監督、ナタリー・エリカ・ジェームズのデビュー作にして、全米3週連続第1位を獲得したホラー映画。監督が毎年夏を過ごした母の故郷・日本で祖母が認知症によって変わってしまったことにショックを受け、「老い」をテーマにした哀しい物語を紡いだ。主人公のケイを演じるのは「メリー・ポピンズ リターンズ」「マイ・ブックショップ」のエミリー・モーティマー。その老母役に「マトリックス・レボリューション」のロビン・ネビン、ケイの娘役に「ネオン・デーモン」のベラ・ヒースコートと、三世代の演技派女優が共演。プロデューサーは俳優のジェイク・ギレンホール、「アベンジャーズ」シリーズの監督としても知られるルッソ兄弟が名を連ねている。認知症によって失われてしまう記憶と悪夢のような恐怖の連鎖を描きながらも、家族の絆やジェンダーの問題に踏み込み、ホラーの枠を超えて人間存在の根源を問う映画となっている。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

レリック ー遺物ー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

森に囲まれた家でひとり暮らしをする老女エドナが突然姿を消した。娘のケイと孫のサムが急いで向かうと、誰もいない家には彼女が認知症に苦しんでいた痕跡がたくさん残っていた。2人の心配が頂点に達したころ、突然エドナが帰宅する。だが、その様子はどこかおかしく、まるで知らない別の何かに変貌してしまったかのようだった。サムは母とともに、愛する祖母の本当の姿を取り戻そうと動き出すが、変わり果てたエドナと彼女の家に隠された暗い秘密が、2人を恐怖の渦へと飲み込んでゆく。

作品データ

原題
RELIC
映倫区分
PG12
製作年
2020年
製作国
オーストラリア=アメリカ
配給
トランスフォーマー
上映時間
89分

[c]2019 Carver Films Pty Ltd and Screen Australia [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?