あの庭の扉をあけたとき:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
あの庭の扉をあけたとき
あの庭の扉をあけたとき

あの庭の扉をあけたとき

2022年10月28日公開、95分、ファンタジー/ヒューマンドラマ/文芸
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『100万回生きたねこ』で知られる絵本作家・佐野洋子の童話を映画化したファンタジー。5歳の少女・洋子はある日、廃屋だった近所の洋館に引っ越してきた70歳のおばあさんと出会う。やがて洋子は、おばあさんの不思議な記憶の世界を覗くことに……。出演は『監察医 朝顔』の加藤柚凪、「人魚の眠る家」の松坂慶子。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

5歳の女の子・洋子(加藤柚凪)は、お父さん(佐藤隆太)との散歩の途中、廃屋になった洋館を見つける。ある日、二人が通りかかると洋館は綺麗になっていて、花の咲き乱れる美しい庭ができていた。1人のおばあさん(松坂慶子)が引っ越してきたのだ。口うるさいおばあさんを怖がりながらも、どんどん惹かれていく洋子。やがて洋子はジフテリアにかかり、病院で過ごすことに。そんなある夜、一人の少女に導かれ、そのおばあさんの不思議な記憶の世界を覗くことになる。5歳の洋子と70歳のおばあさんの記憶が重なり合い、洋子はおばあさんの時間の中で、夢とも現実ともつかない冒険に出る……。幼い洋子が目にした70歳のおばあさんの記憶。そこには、強情な少女と少年の愛の歴史と、切ない死の結末があった。やがて、13歳に成長した洋子(坂川陽香)は、あのときの体験を不思議に思い、おばあさんに会うため、洋館を訪れる。そこで、おばあさんからすべての謎を聞いた洋子は、70歳のおばあさんが、7歳も、14歳も、70歳も、生きてきたすべての時間を持っていることを知る。歳の違う洋子とおばあさんだったが、二人は同じ気持ちを共有することができたのだ……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
上映時間
95分
製作会社
シャインパートナーズ=モバコン
ジャンル
ファンタジーヒューマンドラマ文芸

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.3 /3件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?