私はいったい、何と闘っているのか:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
私はいったい、何と闘っているのか
私はいったい、何と闘っているのか

私はいったい、何と闘っているのか

2021年12月17日公開、114分、コメディ
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

仕事や家族のために七転八倒する中年男性の日常を切り取ったつぶやきシローの同名著書を安田顕主演で映画化。誰しもが抱える葛藤や不安を明るく笑い飛ばす人情喜劇。監督は「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」でも安田顕とタッグを組んだ李闘士男。伊澤の妻役に小池栄子が扮するほか、岡田結実、ファーストサマーウイカ、伊集院光、SWAY(劇団EXILE)、金子大地、白川和子など、多彩なジャンルの才能が顔を揃えた。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

伊澤春男、45歳。勤続25年の地元密着型スーパーウメヤ(大原店)の万年主任。それでも信頼する上田店長の「春男はこの店の司令塔」という言葉が、今日もやる気を掻き立てる! たまの休みは、息子の少年野球の熾烈なレギュラー争いのために考えた“差し入れ作戦”。またある時は長女の彼氏に父親の威厳を見せつけるための名酒“ナポレオン”作戦。そして仕事では、念願の店長昇進への妄想と現実の狭間で喜んだり落ち込んだりの繰り返しの日々。一見平凡に見えても、彼の脳内は今日も戦場と化す。甘えも嫉妬も憤りも悔しさもすべてを強がりのオブラートに包み込み、日常を戦うこの中年サラリーマンは、束の間、なじみの食堂で哀愁に浸りながらいつものカツカレーを全力で喰らい尽くす。愛する妻や子供たちとのかけがえのない生活と、夢にまで見た店長昇格への長く険しい闘いの果てに待っていた予想外の結末とは……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2021年
製作国
日本
配給
日活=東京テアトル
上映時間
114分
製作会社
闘う製作委員会(製作幹事:日活=東京テアトル/制作プロダクション:ダブ)
ジャンル
コメディ

[c]2021 つぶやきシロー・ホリプロ・小学館/闘う製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9 /31件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?