スウィート・シング|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スウィート・シング

2021年10月29日公開,91分
PG12

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「イン・ザ・スープ」のアレクサンダー・ロックウェル監督による25年ぶりの日本劇場公開作。15歳の少女ビリーと弟ニコは、酒のトラブルが尽きない父アダムと暮らしている。ある日、父が強制的な入院措置となり、二人は家を出た母イヴのもとへ行くが……。主役の姉弟を監督の実の子どもたちが、母親を実際のパートナーであるカリン・パーソンズが演じている。父親役は、「ミナリ」のウィル・パットン。2020年ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門最優秀作品賞受賞。

フォトギャラリー

スウィート・シング 画像1
スウィート・シング 画像2
スウィート・シング 画像3
スウィート・シング 画像4
スウィート・シング 画像5
スウィート・シング 画像6

予告編・関連動画

スウィート・シング

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

マサチューセッツ州ニューベッドフォード。15歳の姉ビリー(ラナ・ロックウェル)と11歳の弟ニコ(ニコ・ロックウェル)は、普段は優しいが酒のトラブルを起こしてばかりいる父アダム(ウィル・パットン)と暮らしている。ある日、アダムが強制的な入院措置となり、身寄りのないビリーとニコは、家を出ていった母イヴ(カリン・パーソンズ)のもとへ行くが……。

作品データ

原題
Sweet Thing
映倫区分
PG12
製作年
2020年
製作国
アメリカ
配給
ムヴィオラ
上映時間
91分

[c]2019 BLACK HORSE PRODUCTIONS. ALL RIGHTS RESERVED [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    アッキー

    3.6
    10日前

    人生やり直せる、何度でも
    本当のスウィートシングスが見つかるまで

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告