大事なことほど小声でささやく:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
大事なことほど小声でささやく
大事なことほど小声でささやく
-

大事なことほど小声でささやく

2022年10月21日公開、98分、ヒューマンドラマ
  • 上映館を探す
  • みたい
    21
  • みた
    5
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

森沢明夫による同名小説を「こはく」の横尾初喜監督が映画化。昼はジムで体を鍛え、夜はジム仲間が通うスナックを営むマッチョなオカマ、ゴンママ。名物は悩みに合わせた特別なカクテルだ。ある夜、センセーこと歯科医の四海良一が一人でスナックにやってくる……。出演はNetflix『全裸監督』の後藤剛範、ミュージカル女優として活躍する田村芽実、「ファンシー」の深水元基、「こはく」の遠藤久美子。

配信で観る

ストーリー

昼はジムで体を鍛え、夜はジム仲間が通う「スナックひばり」を営むマッチョなオカマ、ゴンママこと権田鉄雄(後藤剛範)。皆の良き相談相手であり、いつも陽気なゴンママだが、人知れず不安を抱え眠れない日々を送っていた。そんなある夜、ジム仲間であるセンセーこと歯科医の四海良一(深水元基)が一人でスナックにやってくる。彼は数年前のある出来事による悲しみを乗り越えられず、妻の由佳(遠藤久美子)との関係も冷え切っていた。話を始めた良一にゴンママとバーテンダーのカオリちゃん(田村芽実)が、そっとソルティドッグを出す。カクテル言葉は“寡黙”。戸惑う良一にゴンママは「悲しい時は泣けばいいのよ」と語りかけるのだった……。

予告編・関連動画

”マッチョなオカマ”のママが営むスナックに集まる人間ドラマを描いた同名小説を映画化『大事なことほど小声でささやく』予告

予告編

2022/10/19(水)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
S・D・P
初公開日
2022年10月21日
上映時間
98分
製作会社
GOLDEN TREE(企画:ゴールデンツリー=アイオーン/制作協力:UNITED PRODUCITONS)
ジャンル
ヒューマンドラマ

[c]GOLDEN TREE
[c]キネマ旬報社