必死の逃亡者|MOVIE WALKER PRESS
MENU

必死の逃亡者

1956年3月16日公開,112分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「ローマの休日」のウィリアム・ワイラーが製作、監督した、ビスタビジョンはじめての黒白作品。原作はジョセフ・ヘイスのベスト・セラー小説で、1955年ブロードウェイで劇化、上演されヒット・プレイの1つとなった。原作者のヘイスが舞台と同様、脚色を担当した。撮影は「ピラミッド(1955)」のリー・ガームス、音楽はゲイル・クビク。主な出演者は、「俺達は天使じゃない(1955)」のハンフリー・ボガート、「重役室」のフレドリック・マーチ、「顔役時代」のアーサー・ケネディ、「美しき生涯」のマーサ・スコット、「ピラミッド(1955)」のデューウィ・マーティン、「三銃士(1948)」のギグ・ヤング、「白昼の対決」のメアリー・マーフィーなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

インディアナポリス郊外に住む中流サラリーマン家庭のヒリアード一家は主人のダン(フレドリック・マーチ)と妻のエリナー(マーサ・スコット)、娘のシンディに幼い息子のラルフ(リチャード・アイアー)の4人ぐらし。シンディにはチャックという恋人がいた。ある朝、ダンとシンディが仕事へ、ラルフが学校へと出かけた後、エリナーひとりの家に、3人の脱獄囚が押し入って来た。グレン(ハンフリー・ボガート)と弟のハル(デューウィ・マーティン)、仲間のサム(ロバート・ミドルトン)の3人であった。彼等はピッツバーグにいるグレンの情婦モリーが高とびの金を届けてくるまで、この家に隠れていようというのだった。ジェス・バード警部(アーサー・ケネディ)指揮の下に捜査網をはった警察だが、3人の行方は一向につかめなかった。何も知らない家族が次々と帰宅し、そのまま人質にされた。グレンは、金が届くまで家族のものに何事もなかったようにふるまうよう強要し、翌日、ダンもシンディも何事もないように勤めに出かけなければならなくなった。しかし家に人質をとられているので何もできない。3人が此処に来る時に盗んで乗ってきた自動車がダンの家の車庫にあるのを見つけた、出入りの廃品回収屋のパタースンはサムに殺されてしまった。グレンが必要以上に危険を冒していると思ったハルは、兄に逆らって自分だけ先に逃げたが、警官に見つかり、射殺された。ハルの持っていたピストルがダンのものであることが判り、警察はヒリアード家を密かに包囲した。事情を知ったチャックは電話でシンディを誘い出し救出に成功した。危機を覚ったグレンは一家を連れて逃げようとしたが、ダンの機転により、サムは外へ追い出されて射殺され、エリナーとラルフは脱出に成功した。形勢が逆転したグレンは、降伏したように見せかけて逃亡を試みるが、彼もまた機銃の弾幕の中に倒れたのだった。

作品データ

原題
The Desperate Hours
製作年
1955年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?