さがす|MOVIE WALKER PRESS
MENU
さがす

さがす

2022年1月21日公開,123分
PG12
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『岬の兄妹』の片山慎三監督の長編2作目で商業映画デビュー作。指名手配犯を目撃した父親の失踪から始まる物語を描く。主演は『新解釈・三國志』『はるヲうるひと』の佐藤二朗。また、『湯を沸かすほどの熱い愛』『空白』の伊東蒼、『渇き。』『東京リベンジャーズ』の清水尋也、Netflixドラマ「全裸監督」の森田望智が出演する。

フォトギャラリー

さがす 画像1
さがす 画像2
さがす 画像3
さがす 画像4
さがす 画像5
さがす 画像6

予告編・関連動画

さがす

インタビュー映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大阪の下町に暮らす父と娘。父の原田智は中学生の娘、楓に指名手配中の連続殺人犯を見たことを告白する。冗談だと思う楓をよそに、翌朝智は姿を消してしまう。孤独と不安を抱えながら父を捜そうとする楓だったが、警察でも相手にもされない。ある日、日雇い現場に父の名を見つけ、楓は「お父ちゃん!」と呼びかけるが、振り向いたのは知らない若い男だった。失意のなか、楓は指名手配チラシに日雇い現場で見た男の顔を見つける。

作品データ

映倫区分
PG12
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
123分

[c]2022『さがす』製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • hunnwarigohann
    hunnwarigohann
    5.0
    11日前

    死に対する考え方に一石を投じた衝撃的な作品となっています。人を殺める演出はかなり刺激的になっていますが、リアルに浪速の下町感とコメディを組み入れた演出には監督のセンスがとても感じ取れました。ストーリの展開はキャストの二面性からかなり複雑となっており、衝撃的な結末に驚愕するのは私だけではないと思います。

    違反報告
  • かにこ
    かにこ
    4.5
    11日前

    緻密に作られた作品。まったく予想外の展開。最後の最後まで、そうきましたか!?の連続。

    違反報告
  • shiron56158431
    shiron56158431
    5.0
    25日前

    驚きの展開の連続に、感情が追いつかない!
    登場人物、みんながみんなして想像を超えてくる。(^◇^;)
    誰しも表面だけではわからない別の顔を持っていると痛感させられる映画ですが、そのぶんラストの揺るぎない愛が圧巻。

    なんと言っても『岬の兄妹』の監督ですから、おのずと期待が高まりますが。
    想像の斜め上をいく大胆な発想は、ポン・ジュノ師匠譲りな気がしました。
    観客を飽きさせないエンタメ性に、固定概念が揺さぶられる刺激。
    それに加えて、映画にしか出来ない表現の素晴らしさに興奮しました。

    人間の尊厳について考えさせられる衝撃のシーンに目が釘付け。
    見てはいけなかったものを見てしまった感覚。いや、ちょっと違うな…気づきたくなかったことを直視させられて、有無を言わさず共犯になってしまった感覚。が近いと思います。

    心も釘付けで、今見たシーンの余韻を引きずって気持ちの整理がつかないままに、どんどん物語が進んでいくので、いろんな感情が渦巻きっ放しのカオス状態で引きずられていきます。

    ネタバレの注意事項に触れない範囲でレビューしているつもりですが、シーンバレは勘弁してほしい。
    あまりに素晴らしいシーンが多いので。
    もし気になる方はご遠慮ください。

    ラストの素晴らしさ。監督の要求に応える役者陣もすごい!
    多目的トイレはギャン泣きでした。
    佐藤二朗さんと成嶋瞳子さんの目が合うシーンがエグい。
    清水尋也さんの、恐怖でゾワッと鳥肌が立つ演技も味わえます。

    舞台挨拶で佐藤二朗さんがおっしゃっていましたが、監督が相手役の方にだけ指示を出して佐藤さんにアドリブをふってくるのを何テイクかやったらしいのですが、いったいどのシーンなのかメチャクチャ気になる〜!
    どの指示もしっくりきたそうで、感覚的に監督とピッタリ合うのでしょうね。
    ちなみに佐藤二朗さんは、監督が助監督時代からの旧知の仲で「『岬の兄妹』の監督と自分の知っている片山慎三が同一人物だと繋がらなかった。」「あの頃は猿だったのに、すっかり立派な人間になって…。」と笑いを誘っていました。

    クラシック音楽を合わせられるのに弱いので、監督のセンスがたまりませんでした。
    演出としては、
    クーラーボックスのビールと
    濃すぎるエキストラがお気に入りです。

    そうそう。幸運にも片山慎三監督のお話を聞くのは『岬の兄妹』『rock 'n' roll』に続き、今回の『さがす』で3回目なのですが、直接質問出来る機会は無く…。もし監督に質問できるとしたら、なぜ舞台を大阪にしたのかが聞きたい!
    しかも新今宮って。
    子供の頃は怖かった。今でもピリッと緊張感が走る。良くも悪くも裏表ナシで本音で生きる人々に、欲望がストレートに出る町のイメージがあるのですが。(あくまでも個人的なイメージです)
    そんな町に住む人々でも、人に見せない裏側の顔がある。
    人間の奥深さを更に強調させる為に、この町を選んだのかなぁ?
    エキストラが濃すぎて。リアルにその場にいる人に思えてなりませんでした。

    違反報告