フタリノセカイ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
フタリノセカイ
フタリノセカイ
-

フタリノセカイ

2022年1月14日公開、83分、恋愛/ヒューマンドラマ
PG12
  • 上映館を探す
  • みたい
    25
  • みた
    15
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

トランスジェンダーとその恋人の葛藤を描いたドラマ。保育園に勤める今野ユイと実家の弁当屋を手伝う小堀真也は、出会ってすぐに恋に落ちる。だが真也は、自分が“体は女性、心は男性”のトランスジェンダーだということをユイに打ち明けられずにいた。出演は「茜色に焼かれる」の片山友希、「ハニーレモンソーダ」の坂東龍汰。監督はぴあフィルムフェスティバル“PFF アワード 2011”で自伝的作品「僕らの未来」が審査員特別賞を受賞したトランスジェンダーの飯塚花笑。

ストーリー

保育園に勤める今野ユイ(片山友希)と実家の弁当屋を手伝う小堀真也(坂東龍汰)は、出会ってすぐに恋に落ちる。付き合い始めた2人は結婚の約束を交わし、幸せな日々を過ごしていた。だが、真也にはユイに伝えていないことがあった。それは、自分が体は女性、心は男性のトランスジェンダーだということ。真也が時折見せる思い詰めた表情に不安を感じていたユイはある時、その理由を知る。結婚もできない、子どももできない……。子どもが大好きで家庭を持つことが夢だったユイは、真也と一緒にいるべきか否か悩む。それでも2人は事実上の結婚として、同棲生活をスタートさせる。数年後。確かな愛を感じながらも、ユイは子どもや家庭を持つ夢を捨てきれずにいた。このまま真也と一緒にいていいのか。思い悩むユイの気持ちに、真也もまた気づいていた。真也がユイに別れを切り出し、2人は別々の道を歩むこととなる。そして出会った内田勇人(関幸治)と結婚するユイ。一方、真也はゲイの友人・添田俊平(松永拓野)と静かに暮らしていた。やがて、妊活に励みながらも子どもができず、少しずつ勇人と気持ちがすれ違っていくユイはある日、真也との再会に胸をときめかせる。実は、真也もユイのことを忘れられずにいたのだ。お互いの気持ちを確かめ合った2人は、改めて一緒に生きることを選択。こうして歩み始めたユイと真也は、やがてある決断を下す……。

予告編・関連動画

フタリノセカイ

予告編

2021/12/2(木)更新

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2021年
製作国
日本
配給
アークエンタテインメント
初公開日
2022年1月14日
上映時間
83分
製作会社
「フタリノセカイ」製作委員会(企画:製作:ブレス/制作:高崎フィルム・コミッション)
ジャンル
恋愛ヒューマンドラマ

[c]2021 フタリノセカイ製作委員会
[c]キネマ旬報社