安魂|MOVIE WALKER PRESS
MENU
安魂

安魂

2022年1月15日公開,108分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「こどもしょくどう」の日向寺太郎監督と「うなぎ」脚本の冨川元文が初タッグを組んだ日中合作映画。著名な作家・唐大道は、自ら選んだ道こそが正しいと信じて疑わなかった。しかし、愛する息子・英健が29歳の若さでこの世を去ったとき、その信念は崩れる。出演は、「息子の告発」のウェイ・ツー。原作は、「香魂女 湖に生きる」の原作者、周大新の同名小説。

フォトギャラリー

安魂 画像1
安魂 画像2
安魂 画像3
安魂 画像4
安魂 画像5
安魂 画像6

予告編・関連動画

安魂

インタビュー映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

社会的名誉も地位も手に入れた著名な作家の唐大道(ウェイ・ツー)は、自ら選んだ道こそが最も正しいと信じて疑わない独善的な人間だった。それは愛する息子・英健(チアン・ユー)に対しても同じで、息子の恋人・張爽が農村出身という理由だけで、息子の幸せのためだと別れさせた。しかし、英健が29歳の若さでこの世を去ったとき、その絶対的な信念は崩れた。「父さんが好きなのは、自分の心の中の僕なんだ」という言葉を残した息子がどんな生き方を望んでいたのか、様々な本を読み漁り、まだ近くにいるはずだと息子の魂を探す大道。そんななか、英健と瓜二つの劉力宏(チアン・ユー)と出逢う。息子の姿を重ね度々彼のもとを訪れる大道を妻の瑞英は制止するが、彼と会うことを止めることはできなかった。しかし、息子にもう一度会いたいという強い願いによって、ひとつの奇跡が起こる……。

作品データ

配給
パル企画
上映時間
108分

[c]2021「安魂」製作委員会 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?