わたし達はおとな:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
わたし達はおとな

わたし達はおとな

2022年6月10日公開,109分
PG12
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

20代の“等身大の恋愛”の危うさと歯がゆさを描いた(not)HEROINE moviesの第1弾公開作品。イタリアで映像演出と演劇について学び、帰国後は「劇団た組」を立ち上げ、『平成物語』『部活、好きじゃなきゃダメですか?』『俺のスカート、どこ行った?』など話題のテレビドラマの脚本を担当してきた加藤拓也のオリジナル脚本による長編デビュー作。「菊とギロチン」「鈴木家の嘘」の木竜麻生と、「佐々木、イン、マイマイン」「くれなずめ」の藤原季節が初共演を果たした。恋人との衝突、妊娠の不安、元カノの存在、成りゆきのセックス、大学の仲間との何気ない会話が、時間的順序を崩して描かれていく。過去か現在かあいまいなその時間の断片は、まるで主人公・優実の寄るべない日常と移ろいやすい記憶の欠片を拾う作業のようでもあり、観る者に甘く、苦く、痛い手触りを残す。これまでにない圧倒的リアリティの恋愛映画。

予告編・関連動画

恋愛のリアルな“闇あるある”が満載…『わたし達はおとな』本編映像

本編映像

2022/6/23(木)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学でデザインの勉強をしている優実(木竜麻生)には、演劇サークルに所属する直哉(藤原季節)という恋人がいるが、ある日、自分が妊娠していることに気付く。悩みながらも優実は直哉に妊娠と、ある事実を告白する。直哉は将来、自分の劇団を持ちたいと願っていた。現実を受け入れようとすればするほど、ふたりの想いや考えはすれ違っていく……。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2022年
製作国
日本
配給
ラビットハウス
上映時間
109分
製作会社
「わたし達はおとな」製作委員会(製作幹事:メ~テレ/製作プロダクション:ダブ)

[c]2022『わたし達はおとな』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?