機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島

2022年6月3日公開、108分、アニメ
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1979年放送のTVアニメ『機動戦士ガンダム』の第15話『ククルス・ドアンの島』を映画化。アムロが任務で訪れた通称“帰らずの島”。そこで見たのは、いるはずのない子供たちと一機のザク。戦闘の中でガンダムを失ったアムロはククルス・ドアンと名乗る男と出会う。アムロ・レイの声は古谷徹、ククルス・ドアンの声を「KING OF PRISM」シリーズの武内駿輔が務める。監督は「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」シリーズの安彦良和。

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』特集

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』特集 PR

ガンダムを知らなくても楽しめる!編集部座談会やスタッフの証言から、世代を超えて愛されるガンダムの原点を紐解く

予告編・関連動画

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島

特報

2022/1/14(金)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ジャブローでの防衛戦を耐えきった地球連邦軍は、勢いのままにジオン地球進攻軍本拠地のオデッサを攻略すべく大反抗作戦を開始する。アムロ・レイ(声:古谷徹)たちの乗るホワイトベースは、作戦前の最後の補給を受けるため、ベルファストへ向け航行。そんななか、ホワイトベースに無人島、通称“帰らずの島”の残置諜者掃討任務が言い渡される。残置諜者の捜索に乗り出すアムロたち。だがそこで見たのは、いるはずのない子供たちと一機のザクであった。戦闘の中でガンダムを失ったアムロは、ククルス・ドアン(声:武内駿輔)と名乗る男と出会う……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
松竹 ODS 事業室
上映時間
108分
製作会社
バンダイナムコフィルムワークス(企画・制作:サンライズ)
ジャンル
アニメ

[c]創通・サンライズ [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.9 /92件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?