ゴヤの名画と優しい泥棒|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ゴヤの名画と優しい泥棒

ゴヤの名画と優しい泥棒

2022年2月25日公開,95分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2021年9月にこの世を去った『ノッティングヒルの恋人』、『ウィークエンドはパリで』のロジャー・ミッシェル監督の長編遺作。「ハリー・ポッター」シリーズ、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のジム・ブロードベントが主人公を、彼の長年連れ添った妻を「ワイルド・スピード」シリーズ、『クィーン』のヘレン・ミレンが演じた。また、主人公の息子役を『ダンケルク』のフィオン・ホワイトヘッドが務めている。

予告編・関連動画

ゴヤの名画と優しい泥棒

インタビュー映像

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1961年、世界有数の美術館、ロンドン・ナショナル・ギャラリーが所有するゴヤの名画「ウェリントン公爵」が盗難に遭う。前代未聞の事件の犯人は、60歳のタクシー運転手、ケンプトン・バントンだった。孤独な高齢者の暮らしを楽にするため、彼らと社会とのつながりであるテレビの受信料を肩代わりしようと犯行に至ったというバントン。さらに、事件にはもう一つの優しい嘘が隠されていた。

作品データ

原題
THE DUKE
製作年
2020年
製作国
イギリス
配給
ハピネットファントム・スタジオ
上映時間
95分
製作会社
Neon Films

[c]PATHE PRODUCTIONS LIMITED 2020 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?