秘密指令|MOVIE WALKER PRESS
MENU

秘密指令

1953年2月公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「愛と血の大地」のウォルター・ウェンジャーが製作したフランス革命劇1949年作品。「犯罪王ディリンジャ」のフィリップ・ヨーダンと「海賊バラクーダ」のアニエス・マッケンジーが共同でストーリーを書き卸し、脚色、「ウィンチェスター銃'73」のアンソニー・マンが監督した。撮影は「夜歩く男」のジョン・アルトン、音楽は「脱獄者の秘密」ののソル・カプランの担当。主演は「キッス・タイム」のロバート・カミングス、「アパッチ族の最後」のアーリン・ダール、「夜歩く男」のリチャード・ベースハートで、他にアーノルド・モス、ジェス・バーカー、リチャード・ハート、ビューラ・ボンディらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1794年のフランス。恐怖政治の色彩が次第の濃厚になってきた頃。穏健派の指導者バラスと対立するロベスピエェル(リチャード・ベースハート)は秘密警察の首領フーシェ(アーノルド・モス)やジェストと共同して、バラスをやっつけようと死刑執行人デュバルを送ったが、バラスの援助者シャルル(ロバート・カミングス)の知るところとなり、デュバルは刺された。その時シャルルは昔の恋人マデロン(アーリン・ダール)に巡り合ったが、彼女もバラスの一党であることを知り、2人はバラスに対する協力を誓い会うのだった。その後シャルルはデュバルに扮装して、ロベスピエェルに近付くがフーシェに見破られ、ロベスピエェルの眼を逃れて、マデロンとともに近在に一時身を隠すことにした。そこでも兵隊達に追われたりして2人はパリに戻ったが、ロベスピエェルの一味にみつかり、マデロンは捕まってしまった。もしロベスピエェルが紛失したブラック・リストを渡さないなら、彼女は殺害されるとのことである。シャルルはリストを返却しようとしたが押えられた。だがリストが手に入ったとばかり信じて、バラスに死を要求する為会議所へ現れたロベスピエールは、リストに自分の名前が乗っているのに驚いた人々によって告訴された。かくてロベスピエールとジェストは世論によって捕縛され、ギロチンで首を切られた。シャルルはマデロンを救い、2人は幸福な未来に向かって歩を進めるのだった。

作品データ

原題
Reign of Terror
製作年
1949年
製作国
アメリカ
配給
セレクト=松竹
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?