仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル
仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル

仮面ライダーオーズ 10th 復活のコアメダル

春公開,58分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2010年から11年にかけてテレビ放送された『仮面ライダーオーズ』の完結編。古代オーズが、800年前から時を超えよみがえり、世界は混沌と恐怖に包まれていた。そんななか、旅に出ていた火野映司が帰還。だが、様々な“敵”の欲望が映司の前に立ちはだかる……。監督の田崎竜太をはじめ、渡部秀、三浦涼介、高田里穂、君嶋麻耶、岩永洋昭といったオリジナルキャスト&スタッフが再集結。新宿バルト9ほかにて期間限定上映。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西暦2021年。古代オーズが時を超え800年前からよみがえり、世界は混沌と恐怖に包まれていた。グリードのウヴァ(ヤマダユウスケ)、カザリ(橋本汰斗)、メズール(矢作穂香)、ガメル(松本博之)も復活させた古代オーズは、人類を絶滅させ世界を手に入れようとしていたのだ。かつてグリードと戦った後藤慎太郎(君嶋麻耶)や伊達明(岩永洋昭)は、レジスタンスとして応戦。泉比奈(高田里穂)や白石知世子(甲斐まり恵)たちも、彼らをサポートしていた。そんななか、旅に出ていた火野映司(渡部秀)が帰還する。しかし、古代オーズの力は凄まじく、人類の劣勢に。そんな中、あの「割れたコアメダル」に異変が起こり、アンクが復活する。その一方、人工コアメダルから謎のグリード・ゴーダが誕生。事態はさらに混沌とした状況になっていき……

作品データ

製作年
2022年
製作国
日本
配給
東映ビデオ
上映時間
58分

[c]2022 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 [c] 石森プロ・東映 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.6

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?