この街と私:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
この街と私

この街と私

2022年3月4日公開,43分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

監督・脚本・編集を務めた永井和男の実話を元に、吉本興業が東京都葛飾区を舞台に制作した地域発信型映画。バラエティ番組を作りたくて制作会社に入社した23歳のADが、当初の希望とは違う深夜番組『この街と私』を担当するなかで葛藤しつつも一歩成長する姿を描く。300 名以上の応募者から主人公の村田美希に選ばれたのは、「ミューズは溺れない」で第22回TAMA NEW WAVEコンペティションにて、作品グランプリとベスト女優賞を受賞した上原実矩。また、劇中のテレビ番組『この街と私』では実際に「葛飾観光大使」を務めているLiLiCoと芸人の大西ライオンが本人役で登場するほか、美希の憧れの芸人として天竺鼠の川原克己、インタビューを買って出る客役で、ですよ。、居酒屋で遭遇する芸人役でバッドボーイズの大溝清人ほか数々の芸人たちの姿も。2019年の沖縄国際映画祭で初上映された。

予告編・関連動画

この街と私

特報

2022/1/20(木)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

AD をしている 23 歳の村田美希(上原実矩)は、お笑いの番組が作りたくて制作会社に入ったが、街の良さを紹介する関東のローカル深夜番組『この街と私』の担当として休みなく働いている。彼氏の翔也(佐野弘樹)と同棲している部屋には寝に帰っている状況で、彼氏の話もろくに聞けていない。ある日、お笑いの特番に企画を出したものの、一蹴されてしまった美希だが、『この街と私』の街頭インタビューを初めて一人で任せられる。撮ってきた素材を見たディレクターに、「使えない」と言われた美希は……。

作品データ

製作年
2019年
製作国
日本
配給
アルミ―ド
上映時間
43分
製作会社
よしもとクリエイティブ・エージェンシー

[c]2019 地域発信型映画「この街と私」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0 /1件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?