ビンゴ!(1991):映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ビンゴ!(1991)
ビンゴ!(1991)

ビンゴ!(1991)

1992年4月4日公開,90分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

離ればなれになった少年を追うスーパー犬の活躍を描く冒険もの。監督は「ニューヨーク東8番街の奇跡」のマシュー・ロビンス、製作はトーマス・ベアー、エグゼクティヴ・プロデューサーはウォーレン・カー、脚本はジム・ストレイン、撮影は「ショート・サーキット2 がんばれ!ジョニー5」のジョン・マクファーソン、音楽は「セイ・エニシング」のリチャード・ギブスが担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

デンバー郊外の森でサイクリング中に川に転落してしまったチャッキー・デヴリン(ロバート・J・ステンミラー・ジュニア)は、通りかかったサーカス団の雑役犬ビンゴに助けられた。彼はスター犬の代役としての火の輪くぐりを務められず、団を追い出されてしまったのだ。翌朝、心配するママ(シンディ・ウィリアムズ)やパパ(デイヴィッド・ラッシュ)の元に帰ってきたチャッキーとビンゴだが、ビンゴは飼ってもらえそうにない。家族に内緒でビンゴを飼い始めたチャッキーは、彼の犬離れ(?)した能力に驚くばかりだったが、そんな折アメフトの人気プレーヤーのパパがトレードされることになり、グリーンベイに引っ越すことになった。そうとは知らないビンゴがガールフレンドと甘い時を送っているうちに、家族は出発してしまう。ハイウェイをひた走るビンゴは、車上強盗を撃退するなどの活躍ぶりを見せ、その勇姿はテレビを通じてチャッキーにも伝わった。苦難の末チャッキーとの再会を果たすが、チャッキーは脱獄した強盗犯人に捕まってしまう。だが、犯人の家は火事となり、ビンゴは苦手な火の中をくぐり、チャッキーを救出、犯人も逮捕されるのだった。

作品データ

原題
Bingo
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
コロンビア トライスター映画
上映時間
90分
製作会社
トーマス・ベアー・プロ作品

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?