PLAN 75:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
PLAN 75
PLAN 75

PLAN 75

2022年6月17日公開,112分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

近い将来の日本を舞台に、自らの生死を選択できる“プラン75”という制度に翻弄される人々を描く。これが長編初監督となる早川千絵が脚本も兼務し、第75回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門に出品された。主人公のミチを演じるのは「男はつらいよ」シリーズの倍賞千恵子、制度に疑問を抱く若い世代のヒロムと瑶子を『ヤクザと家族 The Family』の磯村勇斗、『由宇子の天秤』の河合優実が演じる。

予告編・関連動画

高齢者に自ら死を選ぶ権利を保障する世界『PLAN75』本編映像

本編映像

2022/6/1(水)公開

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

75歳以上が自ら生死を選択できる制度が国会で可決された近未来の日本。夫と死別し、一人で暮らす78歳の角谷ミチは、突然年齢を理由に仕事を解雇されてしまう。住む場所も失いそうになった彼女は“プラン75”への申請を検討し始める。その一方、市役所のプラン75の申請窓口で働くヒロムや、死を選んだお年寄りをサポートするコールセンタースタッフの瑶子は、制度の存在に疑問を抱いていく。

作品データ

製作年
2022年
製作国
日本
配給
ハピネットファントム・スタジオ
上映時間
112分
製作会社
ハピネットファントム・スタジオ/ローデッド・フィルムズ/鈍牛俱楽部/Urban Factory/Fusee

[c]2022『PLAN75』製作委員会 / Urban Factory / Fusee [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?