ファニー・レディ:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
ファニー・レディ
ファニー・レディ

ファニー・レディ

1975年8月16日公開、0分、ミュージカル
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1968年作品「ファニー・ガール」続編で、愛する夫ニックと別れて再びショーの世界に戻ったファニーの愛と舞台に生きる姿を描く。製作はレイ・スターク、監督・ミュージカル・ナンバー監督は「ローラ号の謎」のハーバート・ロス、脚本はジェイ・プレッソン・アレンとアーノルド・シュルマン、ストーリーはアーノルド・シュルマン、撮影はジェームズ・ウォン・ホウ、オリジナル作詞・作曲はジョン・カンダーとフレッド・エッブ、編集はマリオン・ロスマンが各々担当。出演は バーブラ・ストライサンド、ジェームズ・カーン、オマー・シャリフ、ロディ・マクドウォール、べン・ベリーン、キャロル・ウェルズ、ラリー・ゲイツなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1930年代のアメリカは不況のどん底であえいでいた。ファニー・プライス(バーブラ・ストライサンド)も不況の波にあらわれ、ニック・アーンスティン(オマー・シャリフ)と離婚してからも彼のことが忘れられなかった。そんなとき、ビリー・ローズ(ジェームズ・カーン)という青年が彼女の前に現れた。礼儀をわきまえない男だったが、ショー・ビジネスに対する野心に燃えていた。二人は、ファニーの財政顧問をしているバーナード・バルック(ラリー・ゲイツ)の事務所で彼女の親友兼秘書でもあるボビー(ロディ・マクドウォール)と共に会い、ショーの打ち合わせをした。金持ちのガールフレンド、ノーマ(キャロル・ウェルズ)も女優として参加してくれることになった。だが、その新しいショー“クレイジー・キルト”は大失敗に終わり、一同は地方巡業に出てからブロードウェイを目ざすことになった。その巡業も次第にヒットし、ブロードウェイに立つことが出来た。初日の夜、ニックが楽屋を訪ねてきて、黄色いバラを形どったブローチを贈った。それはかつてニックが彼女に贈り続けた愛の象徴だった。やがてファニーとビリーは結婚した。ビリーは壮大な水中レビューを企画していた。そのレビューのヒロインはエレノア・ホルムだった。ファニーはハリウッドの仕事を終え、ビリーの待っているクリーブランドへ帰った。だが、ビリーの部屋にとび込んだ彼女が目にしたのは、エレノアとベッドを共にしているビリーの姿だった。二人はほどなく離婚した。何年か経って、ビリーは自分のショーに出てくれるよう、ファニーに申し込んできた。だがファニーはもはや生きるためにニックもビリーも必要としていなかった。

作品データ

原題
Funny Lady
製作年
1975年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア映画
上映時間
0分
製作会社
レイ・スターク・プロ
ジャンル
ミュージカル

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?