アイ・アム まきもと:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
アイ・アム まきもと

アイ・アム まきもと

2022年9月30日公開,105分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ウベルト・パゾリーニの『おみおくりの作法』を原作に、「おみおくり係」の男が1人の老人の人生をたどる姿を描いたヒューマンドラマ。『あやしい彼女』の水田伸生がメガホンをとり、水田と4度目のタッグとなる阿部サダヲが周りを巻き込むちょっと迷惑な主人公、牧本を演じた。満島ひかり、宮沢りえ、宇崎竜童、松下洸平、國村隼らが脇を固める。

“迷惑”男がまき起こす奇跡を見届けたい『アイ・アム まきもと』特集

“迷惑”男がまき起こす奇跡を見届けたい『アイ・アム まきもと』特集 PR

阿部サダヲ×水田伸生“ヒューマンストーリー”。名作映画や映画ファンレビューからその魅力に迫る

予告編・関連動画

まきもとの迷惑が想いをつなぐ『アイ・アム まきもと』本予告

予告編

2022/8/22(月)更新

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

牧本は人知れず亡くなった方を埋葬する「おみおくり係」として働いていた。ある日、牧本は孤独に亡くなった蕪木という老人の部屋で彼の娘らしき少女の写真を見つける。「おみおくり係」の廃止が決定し、蕪木の埋葬が最後の仕事となった牧本は、彼の娘を探しだすこと、1人でも多くの参列者を募ることを目指し、残された手がかりをもとに蕪木のかつての友人や知人を訪ねていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2022年
製作国
日本
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
上映時間
105分
製作会社
映画『アイ・アム まきもと』製作委員会(制作:セディックインターナショナル=ドラゴンフライ)

[c]2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.1 /33件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?