オルメイヤーの阿房宮|MOVIE WALKER PRESS
MENU
オルメイヤーの阿房宮
オルメイヤーの阿房宮

オルメイヤーの阿房宮

2022年4月29日公開,127分
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジョゼフ・コンラッドの処女小説を「囚われの女」のシャンタル・アケルマンが脚色して映画化。東南アジア奥地の湖畔にある小屋に暮らす白人男性オルメイヤーは、現地の女性との間に生まれた娘を溺愛する。しかし娘は、父親に反発するように放浪を重ねていく。出演は、「パリ、恋人たちの影」のスタニスラス・メラール、「シャトーブリアンからの手紙」のマルク・バルベ。ヒューマントラストシネマ渋谷のシャンタル・アケルマン映画祭にてデジタルリマスター版で日本初公開。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東南アジアの奥地。河畔の小屋で暮らしている白人男性オルメイヤー(スタニスラス・メラール)は、現地の女性との間に生まれた娘を溺愛していた。オルメイヤーは彼女を外国人学校に入れるが、娘は父親に反発するように放浪を重ねていく……。

作品データ

原題
LA FOLIE ALMAYER
製作年
2011年
製作国
フランス=ベルギー
配給
マーメイドフィルム=コピアポア・フィルム
上映時間
127分
製作会社
Liaison Cinematographique=Paradise Films=Artemis Productions=RTBF - Radio Television Belge de la Communaute Francaise=Belgacom

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?